しもきた商店街、AJ東京とコラボ事業「バイクふれあいタウン・下北沢」を推進

モーターサイクル 企業動向

東京オートバイ協同組合(AJ東京)は、東京都世田谷区下北沢の「しもきた商店街振興組合」と「共生と創造・新しい街づくり=バイクふれあいタウン・下北沢」と題して新規コラボ事業を立上げ、バイク文化発信の街づくりを共同事業として推進して行くことに合意した。

しもきた商店街振興組合は、「下北沢大学」と題し、各種活発なイベントを独自の発想・ユニークなアイディアをもって数多く具現化し、繰り広げている東京世田谷区の地元商店街組合。今回のコラボ事業では、バイクを身近なものとして日常的に見る・触れる・知る・学ぶことをテーマとし、子どもから若年層を中心にあらゆる世代を対象に、バイク文化を日本に根付かせることを目的としている。

両者は、バイクに乗らない人にでも楽しめる施設やブースを作り、バイクをより正しく、より安全に楽しめる、そしてエコで利便性の高いバイク、更には災害時の機動力を発揮するバイクとして理解を深めて貰うことを目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品