人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

GSユアサ、高効率・高耐久鉛電池が第46回市村産業賞の「貢献賞」を受賞

エコカー 燃費

GSユアサは4月24日、第46回市村産業賞において、「アイドリングストップ車用の高効率・高耐久鉛電池の開発と実用化」の功績が認められ、「貢献賞」を受賞した、と発表した。

今回の受賞では、二酸化炭素削減に効果があるアイドリングストップ車(IS車)の普及を促進する技術として、高耐久性能と回生充電受入性能を持つ自動車用鉛電池を開発し、実用化させたことが評価された。

受賞者は、同社グローバル技術統括本部 自動車電池技術部 部長の大前孝夫氏、同社同統括本部 同技術部 グルプマネージャーの細川正明氏、同社同統括本部 技術開発本部 第三開発部 担当課長 坪井裕一氏の3名。

最近、IS車の開発・普及が進展しており、IS車に搭載される鉛電池には、IS車特有の過酷な使用環境に適応できる高効率で、高い耐久性能を実現することが求められていた。

そこで、同社は、1.正極活物質の高密度化・劣化抑制添加剤技術、2.負極耳部の耐食性合金表面被覆処理、3.負極活物質のカーボン添加技術、4.電解液への新規添加剤技術を開発し、同社従来比でIS車用途を模擬した耐久性能を4.2倍(同社調べ 電池工業会のアイドリグストップ寿命試験による)に、短時間の充電を模擬した回生充電受入性能を3倍(同社調べ 車両走行のブレーキ回生を想定した短時間での充電受入性試験による)に工場したIS車用鉛電池を実現した。

今回の開発技術による同社IS車用鉛電池は、すでに多くの自動車メーカーのIS車に採用されている、という。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

    日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  2. テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

    テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  5. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  6. 東芝初の商用EVバス、川崎で運転開始…乗客年齢層の推定機能も搭載

  7. 日本最高度「乗鞍スカイライン」をEVで走る…ジャパンEVラリー

  8. 「V12生き残りのカギはHV」フェラーリCEO

  9. 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】尿素水の補給頻度

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る