NEC、走行中でも音声入力が可能な雑音除去技術を開発

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

NECの新技術 イメージ
  • NECの新技術 イメージ
  • NECのシステムソリューション
NECは、自動車走行中の雑音が多い環境下でも、音声による快適なカーナビ操作を可能にする雑音除去技術を開発した。

最近、音声入力技術の普及が進み、特に自動車運転中など手を離せない場面でのニーズが高まっている。しかし、自動車走行中におけるエアコンの使用や、窓を開けた状態では、周囲の雑音のため音声入力が正しく動作しないことが多く、精度向上が要望されている。

今回の新技術は、音声入力での機器操作を行う際、最適な場所に配置した2つのマイクで音を拾い、二段階の処理で雑音を除去した上で、声のモデルを用いて機械が認識しやすい音声に調整することで、従来に比べ、5倍(同社の測定環境による比較)雑音が多い環境においても音声認識が可能になったという。これにより、エアコンを作動させたままでの走行や、窓を開けての走行など、雑音の多い環境下でも快適なカーナビ操作が実現する。

新技術の特長は、1.雑音発生源の場所に合わせマイクを最適配置し、正確に雑音を抽出する点、2.二段階での雑音処理により、細かな雑音まで除去する点、3.2つの音声モデルを自動選択し、雑音除去後の音声を認識しやすく調整する点だ。

同社は、今後、この技術を店舗や工場など幅広い場面での応用を目指し、研究開発を進めるとしている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

    【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  3. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型EV、トゥイジー…衝突テストで最低評価[動画]

    【ユーロNCAP】ルノーの超小型EV、トゥイジー…衝突テストで最低評価[動画]

  4. 【スピーカー交換のススメ】スエーデンブランドDLS、コスパ高いリファレンスシリーズ

  5. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  6. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

  7. 【ユーロNCAP】中国車が初の衝突テスト…結果は惨敗

  8. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. NNG、新CEO「すべての自動車にナビゲーションを」…就任会見で

アクセスランキングをもっと見る