人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ニューヨークモーターショー14】BMW X5 のPHV、X5 eドライブ…内外装をアップデート

自動車 ニューモデル 新型車

BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
ドイツの高級車メーカー、BMWは4月10日、『コンセプトX5 eドライブ』の最新モデルの概要を明らかにした。実車は4月16日、米国で開幕するニューヨークモーターショー14で初公開される。

BMWは2013年9月、フランクフルトモーターショー13において、コンセプトX5 eドライブをワールドプレミア。同車は新型『X5』をベースに、将来市販予定のプラグインハイブリッド車(PHV)を提示した1台だった。

4月16日、米国で開幕するニューヨークモーターショー14では、コンセプトX5 eドライブの最新モデルが発表される予定。フランクフルトモーターショー13での仕様に対して、各部にアップデートを施す。

アップデートの内容は、市販化を意識したもの。外観は、BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」に倣って、グリル、エアインテーク、リアバンパーインサートを、ブルーで仕上げた。ボディ同色ホイールアーチや専用ルーフレール&21インチアルミホイールも装備する。

室内は、専用のアイボリーホワイトレザー仕上げ。ピアノブラックパネルを添えた。前席ヘッドレストは、「eDrive」のロゴ入り。ブルーのアクセント照明も採用する。荷室フロアは透明カバーで覆われ、モーターやバッテリーが見える設計とした。

PHVシステムに変更はない。最大出力245psを引き出す4気筒ガソリンターボ(排気量は2.0リットルのもよう)を中心にしたダウンサイジングPHVを搭載する。モーターは最大出力95psを発生。二次電池はリチウムイオンバッテリー。最大30kmを最高速120km/hでEV走行可能。

このEVモードの効果もあり、環境性能は優秀。欧州複合モード燃費は26.3km/リットル、CO2排出量は90g/km以下という優れた環境性能を実現する。また、0-100km/h加速は7秒の実力だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る