【ニューヨークモーターショー14】BMW X5 のPHV、X5 eドライブ…内外装をアップデート

自動車 ニューモデル 新型車

BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
  • BMW コンセプトX5 eドライブ
ドイツの高級車メーカー、BMWは4月10日、『コンセプトX5 eドライブ』の最新モデルの概要を明らかにした。実車は4月16日、米国で開幕するニューヨークモーターショー14で初公開される。

BMWは2013年9月、フランクフルトモーターショー13において、コンセプトX5 eドライブをワールドプレミア。同車は新型『X5』をベースに、将来市販予定のプラグインハイブリッド車(PHV)を提示した1台だった。

4月16日、米国で開幕するニューヨークモーターショー14では、コンセプトX5 eドライブの最新モデルが発表される予定。フランクフルトモーターショー13での仕様に対して、各部にアップデートを施す。

アップデートの内容は、市販化を意識したもの。外観は、BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」に倣って、グリル、エアインテーク、リアバンパーインサートを、ブルーで仕上げた。ボディ同色ホイールアーチや専用ルーフレール&21インチアルミホイールも装備する。

室内は、専用のアイボリーホワイトレザー仕上げ。ピアノブラックパネルを添えた。前席ヘッドレストは、「eDrive」のロゴ入り。ブルーのアクセント照明も採用する。荷室フロアは透明カバーで覆われ、モーターやバッテリーが見える設計とした。

PHVシステムに変更はない。最大出力245psを引き出す4気筒ガソリンターボ(排気量は2.0リットルのもよう)を中心にしたダウンサイジングPHVを搭載する。モーターは最大出力95psを発生。二次電池はリチウムイオンバッテリー。最大30kmを最高速120km/hでEV走行可能。

このEVモードの効果もあり、環境性能は優秀。欧州複合モード燃費は26.3km/リットル、CO2排出量は90g/km以下という優れた環境性能を実現する。また、0-100km/h加速は7秒の実力だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

    ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  4. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  5. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  6. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  7. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  8. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  9. トヨタ ポルテ/スペイド 一部改良、セーフティセンスCを全車標準装備

  10. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

アクセスランキングをもっと見る