人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【アウディ A8 改良新型 発売】「世界最高のヘッドライト技術」謳うマトリクスLEDヘッドライトとは

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ『A8』の最大の特徴は、世界初の眩惑防止ハイビームを搭載したマトリクスLEDヘッドライトだ。

「これは世界最高のヘッドライト技術といっても過言ではない」とは、アウディAGプロダクトマネージャーのジュリアン・レンツ氏の弁。

開発の動機についてレンツ氏は、非常にシンプルな理由だという。「人間の視覚は、特に夜間、暗闇で非常に弱いという特徴がある。また、人間は外部からの情報は90%以上視覚から収集していることから、ユーザーに最高の形で情報を提供したいと、今回この新しい技術を導入したのだ」とコメント。

マトリクスLEDヘッドライトは、フロントウインドウにカメラが搭載されており、このカメラが前方からの光の出所を検知し、そこの部分についてはライトをロービームにする。その光の検知は最大8台まで可能だ。

この機能の最大の特徴は、複数の光が当たった場合だ。「メカニカルに光を動かす技術と違い、電子制御なので、光と光の間も照射することが可能だ」と話す。ヘッドライト照射範囲の右と左に光の対象物があった場合、メカニカルな機能の場合は、中心部は照射されず、それぞれの対象物より端の部分のみの照射となるが、電子制御の場合は照射範囲内であれば対象物を除いたすべての部分の照射が可能となった。

「最大8台まで対向車、または前方を走るクルマなどの光を検知し、25個の小さなLEDがそれぞれ個々に点灯消灯することで、ハイビームの照射範囲から検知した光の部分を除外する。このLEDはロービーム、ハイビームの切り替えも個々に可能なのだ」という。

さらに、曲がる方向に向かって流れるように点滅するウインカーも採用。「ただ単に点滅するのではなく、流れるように曲がる方向に向かって点滅することで、早い段階からドライバーがどちらの方向に曲がりたいのかがわかり、安全性を高めている」と説明。

レンツ氏は、「過去A8はLEDのデイライトを他社に先駆けて導入し、現在は、ほぼすべての他社モデルにも搭載されている。今後も、このようなアウディのサクセスストーリーを、ダイナミックウインカーやマトリクスLEDヘッドライトなどでリードし続けていきたいと考えている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

    【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  4. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  5. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  7. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  9. 【モスクワモーターショー16】ラーダ ベスタ に「スポーツ」…WTCCのノウハウ応用

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

アクセスランキングをもっと見る