人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

東芝、台湾高速鉄道新駅のシステムを単独受注

鉄道 企業動向

東芝は2月21日、台湾高速鉄道を運営している台湾高速鉄路から新駅向けのシステムを単独で受注したと発表した。受注額は約28億円。

台湾高速鉄道は、台北(台北市中正区)~左営(高雄市左営区)間の約340kmを結んでいる高速鉄道。途中には台南駅や台中駅など6駅が設けられているほか、新竹~台中間の苗栗駅(苗栗県後龍鎮)、台中~嘉義間の彰化駅(彰化県田中鎮)と雲林駅(雲林県虎尾鎮)の3駅が2015年末までに開業する予定だ。東芝は今回、これら3駅の放送システムや案内表示装置、信号制御システム、変電システム、保守管理システムなどを受注した。

2000年に日本企業連合が受注した台湾高速鉄道プロジェクトにおいて、東芝は車両の電気品や変電システム、運行管理システム、通信システム、保守管理システムなどを担当。その後も2012年5月に川崎重工とともに増備車48両(12両編成4本)、2013年7月には三菱重工とともに台北~南港間延伸計画の変電システムなどをそれぞれ受注している。今回の単独受注について、東芝は「これらの実績や設備・システムの信頼性が評価され、当社の単独受注につながりました」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

    西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  2. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

    JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  3. 【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

    【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

  4. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  5. 【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

  6. 【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

  7. ホームドア設置計画とホーム警備員増配置を見直す...東京メトロ

  8. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  9. ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

  10. JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

アクセスランキングをもっと見る