【デリーモーターショー14】シボレー、コンパクトカーのビートを大幅改良[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

GMのシボレーブランドは2月5日、インドで開幕した「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)において、『ビート』の大幅改良モデルを初公開した。

大幅改良で、外観はリフレッシュ。フロントグリルには、インドの顧客が好む新たなクロームメッキ加工が施された。ヘッドランプはクリアガラスとなり、ブラックのアクセントを添えた。リアでは、テールランプが新デザイン。クロームの縁取りを施したフォグランプやリアスポイラー、バンパーも新デザインとした。

エンジンは、ガソリン、ディーゼル、LPGの3種類。ディーゼルの場合、燃費は25.44km/リットル。シボレーは、「インドで最も燃費性能に優れるハッチバック」と自信を示している。
《ショーカーライブラリー》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品