人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

東葉高速鉄道「東葉快速」が消滅…3月ダイヤ改正で

鉄道 企業動向

千葉県の東葉高速鉄道は2月7日、東葉高速線のダイヤ改正を3月15日に実施すると発表した。平日の夕方ラッシュ時に運行している「東葉快速」を全て各駅停車に変更する。

各駅停車に変更されるのは、西船橋発18時28分・18時57分(改正後は18時58分)・19時26分・19時54分の下り東葉勝田台行き東葉快速4本。東葉高速鉄道によると、東葉快速が通過している東海神・飯山満・船橋日大前・八千代中央・村上各駅の利用者が増加しているため各駅停車に変更する。これにより西船橋~東葉勝田台間の所要時間は現在の東葉快速に比べ4~5分延びる。東葉快速の前後を走る一部の列車も発車時刻を変更し、運転間隔の平準化を図る。

東葉高速線では東葉快速と快速、通勤快速、各駅停車の4種別が運転されているが、快速と通勤快速は乗入れ先の東京地下鉄(東京メトロ)東西線内のみ快速運転を行っており、東葉高速線内で快速運転を行っているのは東葉快速に限られる。上り西船橋方面行きの東葉快速は2009年3月のダイヤ改正で廃止されており、今回の下り東葉快速の廃止で東葉高速線内を走る全ての列車が各駅に停車することになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 東京メトロ、日比谷線の新型車両「13000系」公開…7両4ドアに統一へ

    東京メトロ、日比谷線の新型車両「13000系」公開…7両4ドアに統一へ

  2. C11 207 本州上陸、東武に次々と集まる車掌車・客車・転車台[フォトアルバム]

    C11 207 本州上陸、東武に次々と集まる車掌車・客車・転車台[フォトアルバム]

  3. 日本信号とJR西日本が資本業務提携---新信号システム装置を開発へ

    日本信号とJR西日本が資本業務提携---新信号システム装置を開発へ

  4. 東京メトロと東武鉄道、日比谷線の新型車両は共通仕様に

  5. 東京メトロと東武鉄道、荷物輸送の実証実験…物流3社と共同実施

  6. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  7. 東京メトロ、ホームの行先表示器を液晶タイプに…まずは日比谷線霞ヶ関駅

  8. 日比谷線新駅、オリンピックまでに使用開始…最終完成は2022年度

  9. 東京メトロと東武、日比谷線に新型車両導入へ…20m4ドア車

  10. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

アクセスランキングをもっと見る