【デトロイトモーターショー14】日産、スポーツセダン コンセプト 発表…次世代デザイン採用

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車は1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14において、『スポーツセダン コンセプト』をワールドプレミアした。

このスポーツセダン コンセプトは、次世代の日産デザインを採用。将来の量産スポーツセダンの先進のルックスを提示した1台だ。エモーショナルでエネルギーみなぎるデザインを追求している。

とくに大胆なのは、フロントマスク。V字型のフロントグリルをはじめ、ブーメラン形状のヘッドランプが新しい日産をアピール。また、フローティングルーフも新鮮な印象を放つ。

インテリアも、将来の量産車の方向性を示したもの。吟味された上質な素材を使用し、シートにはダイヤモンドキルト加工を施した。ステッチやパネル類には、躍動感を表現する。

現時点では、このスポーツセダン コンセプトの市販計画は公表されていない。日産自動車は、「このデザインが将来の日産のセダンやクロスオーバーに反映される」と説明している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品