人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

「運転しなくていいからラク」新成人の6割超は自動運転肯定派…ソニー損保調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

自動運転機能の付いた車についての意識
  • 自動運転機能の付いた車についての意識
  • 申請人がほしいと思う車
ソニー損保は、新成人のカーライフ意識調査のアンケート結果を発表した。

将来実現するかもしれない自動運転機能の付いた車について聞いたところ、「運転しなくていいからラク」が64.0%。車の運転に強い興味を示さない新成人が多数派を占めたが、すでに自分の車を持っている人は「運転しないのはつまらない」が54.7%となり、「運転しなくていいからラク」をかろうじて上回った。

また欲しい車のトップは、5年連続で日産「キューブ」(17.4%)、2位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(15.0%)、3位はトヨタ「プリウス」(14.5%)が入った。

男女別では、男性の1位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(19.5%)、2位は「プリウス」(16.6%)、3位が「スカイライン」(16.1%)となった。一方、女性の1位は「キューブ」(23.1%)、2位「マーチ」(20.2%)、3位「モコ」(15.6%)と、日産のコンパクトカー、軽自動車がトップ3を独占した。

現在の自動車運転免許保有状況については、ATとMTを合わせた「自動車運転免許を持っている」が56.7%と、昨年の調査より0.4ポイントダウンした。

運転免許保有者に、車の所有状況を聞いたところ、「自分の車がある」21.5%、「自分の車も家族と共用の車もある」3.0%と、合計24.5%がマイカーを所有。昨年の調査より2.1ポイントダウンした。

今回のアンケートでは、昨年11月28日から12月9日の12日間、新成人の男女各500名、合計1000名に対し、インターネットリサーチを行った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マセラティの新型SUV、レヴァンテ を増産

  10. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

アクセスランキングをもっと見る