【東京オートサロン14】限定仕様のスバル BRZ tS、ドライブシャフト大径化の効果は

自動車 ニューモデル 新型車

東京オートサロンの会場となる幕張メッセの北ホールのほぼ中央には「86 & BRZ WORLD」というトヨタ『86』、スバル『BRZ』のカスタムカー専門のブースがある。ここに、昨年夏にSTIが発表したSUBARU BRZ tSの展示車がある。

BRZ tSは、500台の限定生産モデルとなるSTIのコンプリートカーだ。特徴はドライブシャフトを4mmほど太くし、ブレンボ製のブレーキにSTIのロゴが入る。カーボン製のリアウィングも社外品のような存在感をだしている。内装では、サイドエアバッグが装備されたレカロ製バケットシートも特徴だ。このバケットシートにもSTIのロゴが刻印される。

ブースの担当者に、ドライブシャフトの太径化の効果について聞いたところ、「トルクの伝わり方や加速感に違いが感じられると思います。」とのことだった。

ほぼ受注生産の形で昨年11月くらいから納車が始まっており、まだ限定数まで余裕がすこしあるという。

STI関連では、他にも86/BRZのワンメークレース用のコンプリートカー(SUBARU BRZ RA Racing)の展示車もあった。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

    メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  2. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

    「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  3. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. BMW 2シリーズ 高性能モデル、340馬力の「M240i」に進化

  5. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター、ハードトップの「RF」欧州初公開へ

  6. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  7. アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

  8. 日産×メルセデス、新型ピックアップトラック「Xクラス」が走った!

  9. 名車 2002ターボ の再来…BMW「2002 オマージュ」初公開

  10. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

アクセスランキングをもっと見る