【東京オートサロン14】限定仕様のスバル BRZ tS、ドライブシャフト大径化の効果は | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン14】限定仕様のスバル BRZ tS、ドライブシャフト大径化の効果は

自動車 ニューモデル 新型車

東京オートサロンの会場となる幕張メッセの北ホールのほぼ中央には「86 & BRZ WORLD」というトヨタ『86』、スバル『BRZ』のカスタムカー専門のブースがある。ここに、昨年夏にSTIが発表したSUBARU BRZ tSの展示車がある。

BRZ tSは、500台の限定生産モデルとなるSTIのコンプリートカーだ。特徴はドライブシャフトを4mmほど太くし、ブレンボ製のブレーキにSTIのロゴが入る。カーボン製のリアウィングも社外品のような存在感をだしている。内装では、サイドエアバッグが装備されたレカロ製バケットシートも特徴だ。このバケットシートにもSTIのロゴが刻印される。

ブースの担当者に、ドライブシャフトの太径化の効果について聞いたところ、「トルクの伝わり方や加速感に違いが感じられると思います。」とのことだった。

ほぼ受注生産の形で昨年11月くらいから納車が始まっており、まだ限定数まで余裕がすこしあるという。

STI関連では、他にも86/BRZのワンメークレース用のコンプリートカー(SUBARU BRZ RA Racing)の展示車もあった。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品