フェラーリ、シューマッハの45歳の誕生日に特別イベント企画…早期回復を祈願 | レスポンス(Response.jp)

フェラーリ、シューマッハの45歳の誕生日に特別イベント企画…早期回復を祈願

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

2013年12月29日、フランスでスキー中の事故により、重傷を負った元F1ドライバー、ミハエル・シューマッハ氏。フェラーリが同氏を応援する目的で、特別なイベントを企画していることが分かった。

これは1月2日、フェラーリのF1チーム、スクーデリア・フェラーリが公式Facebookページで明らかにしたもの。「1月3日に45歳の誕生日を迎えるミハエル・シューマッハ氏のために、特別なイベントを行う」と告げられている。

現時点では、このイベントの内容は公表されていない。ただし、イベントは、ミハエル・シューマッハ氏が入院しているフランスのグルノーブル大学病院で開催。フェラーリファンに対して、このイベントへの参加を呼びかけている。

フェラーリは、「困難な闘病生活の中で迎えるミハエル・シューマッハ氏の誕生日に、スクーデリア・フェラーリ・クラブは、彼へのサポートの気持ちを示したいと思う。グルノーブル大学病院で、赤(フェラーリを象徴する色)にあふれたイベントを、静かに、かつ尊敬の念をもって行う予定」とコメント。

ミハエル・シューマッハ氏は、1996-2006年、フェラーリのF1ドライバーとして活躍。フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は2013年12月30日、ミハエル・シューマッハ氏の早期回復を願う声明を発表している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品