NGK、ベトナム・ハノイに駐在員事務所を設立

自動車 ビジネス 海外マーケット

日本特殊陶業(NGK)は12月9日、ベトナムの首都ハノイに駐在員事務所を設立したと発表した。

ベトナムはアセアン諸国の中でも成長著しく、自動車産業も堅調に推移していくことが予想されている。同社はベトナムでの二輪・四輪車の増加に伴うスパークプラグ・酸素センサの需要増加に対応するために、2012年9月にベトナムのホーチミン市に販売会社を設立。今回、顧客サービス向上、販売強化のため、首都ハノイ市に駐在員事務所を設立した。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品