阪堺電軌と南海バス、2014年春にもPiTaPa導入へ…全国交通系ICカードに対応

鉄道 企業動向

阪堺電気軌道と南海バスは11月22日、関西圏の私鉄などを中心に導入されているICカード乗車システム「PiTaPa(ピタパ)」を導入すると発表した。2014年春頃の導入を目指す。

阪堺電軌は全線でPiTaPaを導入する。南海バスは堺・東山営業所に導入し、他の営業所は2014年度以降、順次導入する。

PiTaPaの導入に伴い、Suica(スイカ)など全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードでも利用できるようになる。ICカードによる阪堺電軌と南海バスの乗継割引制度も導入する予定だ。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品