阪堺電軌と南海バス、2014年春にもPiTaPa導入へ…全国交通系ICカードに対応

鉄道 企業動向

阪堺電気軌道と南海バスは11月22日、関西圏の私鉄などを中心に導入されているICカード乗車システム「PiTaPa(ピタパ)」を導入すると発表した。2014年春頃の導入を目指す。

阪堺電軌は全線でPiTaPaを導入する。南海バスは堺・東山営業所に導入し、他の営業所は2014年度以降、順次導入する。

PiTaPaの導入に伴い、Suica(スイカ)など全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードでも利用できるようになる。ICカードによる阪堺電軌と南海バスの乗継割引制度も導入する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

    伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  2. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

    運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  3. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

    駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  4. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  5. 日台友好列車走る脇で…台北・杉戸の一大車両工場が“進化”

  6. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  7. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

アクセスランキングをもっと見る