人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

バイクオークション成約ランキング、中古相場は高値継続…オークネット9月

モーターサイクル 企業動向

オークネットは、2013年9月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングをまとめた。

250ccクラスは、新型ロードスポーツの普及が早まっているため、人気のあった旧型スポーツ需要が減少。相場の展開も新型車中心に大きく移行している。ランキングトップはホンダ『フォルツァ』、2位はヤマハ『マジェスティ』、3位『スカイウェイブ』と、トップ3はビッグスクーターが独占した。

400ccクラスは、マルチ系のネイキッドが幅を利かせているため、市場に流通不足の状態が続いている。特に、カワサキZRX系、ゼファー系が全く衰えず、異例なまでの相場展開を見せている。1位はホンダ『CB400SF/SB』2位はヤマハ『ドラッグスター400』、3位はカワサキ『ゼファー400』だった。

401cc以上のクラスは、大型車の動きが活発で、特に高年式車や高額車に人気が集まっている。トップはハーレー『スポーツスター』、2位がホンダ『CB1300SF/SB』、3位がヤマハ『V-MAX』だった。

9月は全体的に、高い相場を保ったままでの推移が続いている。気温が平均的に高く店頭での賑わいが衰えていないことで、市場での流通玉確保が継続。例年とは異なる活況を見せつけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  4. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  5. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  6. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  7. 初期型『CBR600RR』のベーシックメンテ…『モトメンテナンス』8月号

  8. 1800人のハーレー乗りが熊本・阿蘇を元気づけた! 合計176万円の寄付も集まる

  9. 二輪車輸出、欧州向け2ケタ増で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

  10. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

アクセスランキングをもっと見る