【ダイハツ タント 新型発売】子ども想うママをフォロー…シェア力活かし希望反映

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ 新型タント
  • ダイハツ 新型タント
  • ダイハツ 新型タント
  • 助手席シートバックレバーで運転席に居ながらシートを倒すことが可能(新型タント)
  • 「ファーストフードによく寄る」という声を反映し、助手席の取っ手をポテトがピタリと入るボックスにした(新型タント)
  • こちらも「ファーストフードによく寄る」という声を反映したドリンクホルダーとボックス(新型タント)
  • ダイハツ 新型タント
  • ダイハツ 新型タント
  • ダイハツ 新型タント
ダイハツ工業が10月3日から販売を開始した、新型『タント』は、子育て世代の女性を主なターゲットとした軽モアスペースワゴンだ。

国内商品部の中澤学氏は、「のべ200人くらいのお客様にあたり、そのうちの7割が女性、更にその半分がお子さんを持つ方ということで、女性の声を徹底的に聞いたという自負はあります」と話す。

開発にあたっては、特にインテリアデザインやカラーデザインといった感性に訴えかける部分で女性が活躍したという。

また、軽自動車初採用となる、助手席シートバックレバーもユーザーの希望に応えた機能だ。中澤氏は「シートベルトが効く位置までしか倒れないので、安全性も担保できています。一般的には低速域衝突回避支援ブレーキやVSCなどスマートアシストに注目が集まりますが、子育て中の方からはこちらの方が圧倒的に需要があります。お子さんは車内で寝てしまうことが多いので、リヤドアサンシェードも喜ばれます」と語る。

更に、先行車が発進したことをブザーで知らせる機能や車速感応式の自動ドアロックも搭載。普段なら自分でできることも、子どもに集中していると手が回らなくなる。そういった現状を細かいところまでサポートするため、ダイハツ車の中ではタントだけに採用されている機能だ。

構造を変えながら原資を捻出することで、価格を上げず機能追加が可能になった。「指などが挟まれないようスライドドアの反転感度をアップしたり、エマージェンシーストップシグナルを搭載したりと安全性向上にも努めています」(中澤氏)という。

最後に中澤氏は「おかげさまで100万台のお客様を持っているので、女性の意見を集めやすい。いつもキャッチボールをして、すぐに商品へと反映していく環境は整っています」と自信を見せた。
《吉田 瑶子》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品