人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【フランクフルトモーターショー13】BMWのPHVスポーツ、i8 …米国価格は1360万円から

自動車 ニューモデル 新型車

BMW i8(フランクフルトモーターショー13)(
  • BMW i8(フランクフルトモーターショー13)(
  • BMW i8(フランクフルトモーターショー13)(
  • BMW i8(フランクフルトモーターショー13)(
ドイツの高級車メーカー、BMWグループが9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13で初公開した『i8』の市販モデル。同車の米国価格が公表された。

これは9月10日、BMWの米国法人、BMWノースアメリカが明らかにしたもの。同社は「i8の米国ベース価格を、13万5925ドル(約1360万円)に設定する」と発表している。

i8は、プラグインハイブリッド(PHV)のスポーツカー。前輪をモーター、後輪をエンジンで駆動。リアにレイアウトされるエンジンは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ。最大出力231ps、最大トルク32.6kgmを引き出す。

フロントに置かれるモーターは、最大出力131ps、最大トルク25.5kgm。モーターとエンジンを合わせたトータルでは、最大出力362ps、最大トルク58.1kgmを発生。トランスミッションは6速AT。0-100km/h加速4.4秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現する。

二次電池は、畜電容量5kWhリチウムイオンバッテリーで、モーター単独で最大35km、最高速120km/hでEV走行できる。燃料満タン&フル充電での最大航続可能距離は、500km以上。EVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費は40km/リットル、CO2排出量は59g/kmと、環境性能に優れる。

BMWはi8を世界市場で発売する予定だが、米国市場には2014年春、投入する計画。BMWグループのノルベルト・ライトホーファー会長は、フランクフルトモーターショー13のプレスカンファレンスにおいて、「我々の商品は自動車の歴史を塗り替えてきた。今日、未来へのドアが開かれる」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  9. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  10. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

アクセスランキングをもっと見る