【ボルボ V60 T6 AWD 試乗】走りの味もアップデート…島崎七生人

試乗記 輸入車

今年は新型『V40』を投入したばかりのボルボ。その一方で主力車種という『V60』も大幅な商品改良が入った。

見てわかる外観の変化では、新しいフロントマスクに目がいく。従来“ツンとトガった感”のあった顔つきが、シンプルな矩形ヘッドランプや幅広化したグリルなどで、よりフォーマルな印象になった。実車はやや上級移行したクルマにも見える。アイアンマーク(シンボルマーク)も直径で1cm強、大型化されたという。

インテリアでは、シフトノブ頭部の表示部分がピアノブラックのベースに文字がクッキリと浮かぶデザインに。従来は全体が透明で照明が入る方式で、やや見にくかったから大きな改善だ。パドルシフトも新採用した。上質な仕上げのパドルはあえて金属素材ではなく樹脂だが、これは寒冷地でも不自由なく操作可能にするための配慮だ。ルームミラーの視界を邪魔しない後席ヘッドレストは相変わらずだ。

そして、資料には記述のない、走りの部分の大きなアップデートぶりにも驚かされた。試乗車はトップモデルの『V60 T6 AWD』だった。3リットルの6気筒ターボ(304ps/44.9kg-m)の高性能ぶり、AWDの安定感のある足まわりや手応えのあるステアリングフィールなどはそのままに、よりしなやかに、こなれた走りっぷりを味わわせてくれた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品