ETC車載器購入助成、国交省に申し入れ...自民党オートバイ議連

自動車 社会 社会

二輪車ETC助成の申入れを決議した自民党オートバイ議連・逢沢一郎会長(26日・自民党本部)
  • 二輪車ETC助成の申入れを決議した自民党オートバイ議連・逢沢一郎会長(26日・自民党本部)
  • 義務化を検討するなら、助成も必要と話す笹川博義代議士(26日・自民党本部)
  • スマートICの普及と二輪車ETCの普及の整合性を指摘した山本拓代議士(26日・自民党本部)
自民党オートバイ議員連盟は、6月26日に開催した総会で、二輪車ETCの普及を目的とした車載器購入助成について、近く国土交通省に申し入れをすることを決議した。

「目に見える成果を一つひとつあげていかないといけない。申入書を作成し、国土交通省に届ける」と、議連会長の逢沢一郎氏は語った。その内容は、今村雅弘幹事長とともに検討する。

逢沢会長は、「四輪車のETC普及に比べて、ビハインドにある(後れを取っている)と理解している。かつて高速道路の2人乗り解禁で新しい境地を開いたように、よりよいモータースポーツ、ツーリングを健全な形で普及発展させていくためにも、ETC普及は関係がある」と述べ、問題意識の共有を総会で図った。

四輪車向けの車載器購入助成は03年からスタート。11年までに国、事業者を含め29回、684万台以上に実施されてきた。二輪車の場合は06年からスタートして10回、12万5000台を対象したに過ぎない。

国土交通省中神陽一高速道路課長は「どこまで普及を図るかということについては、7日に行われた国土幹線道路部会でも、極論すれば義務化すべきという指摘も委員からあり、普及率をどんどん上げていくほうが望ましい」と、話した。

ただ、車載器購入の助成については「基本的には高速道路会社で普及策を打っていて、インセンティブを持って図るというのが原則と考えてる。今の要望を踏まえて会社に伝えていきいたい」ととどめたため、出席した議員から次のような意見が出された。

「役所はスマート・インターチェンジを定期的に増やそうといるが、あれはETCがなかったら利用できない。片方でそういう方針を出している。(助成に対する姿勢を踏まえ)整合性はどうなるのか」(山本拓代議士)

「指摘を受けて、なるほどオートバイの利便性は考慮されていないなと思った。料金体系を根本的に見直ししなければならない時期に来ている。国内市場を再構築するいい時期に来たと思っているし、シニア世代は回帰現象もないわけではないので、ETCは安全に走行しながら、料金所を通過できる。義務化というムチを考えるなら、助成というアメも必要だろう」(笹川博義代議士)

全国オートバイ協同組合連合会の福井二朗専務理事は「ETCの助成は四輪車では波状的に継続して行われきた。二輪車に先行して始まったため、その間にもかなり普及が進められて、二輪車が出遅れて、助成対象となった台数も少ない。ここで普及に対してユーザーの利便性を図る上でも助成をお願いしたい」と、要望する。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

    飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

  2. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

    伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  3. 山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

    山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

  4. 駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

  5. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  6. 伊勢志摩サミット警備支援の警官、非番日にはねられ死亡

  7. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  8. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

アクセスランキングをもっと見る