ランボルギーニ アヴェンタドール、映画『トランスフォーマー4』に出演へ

モータースポーツ/エンタメ 映画

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニの最新作、『アヴェンタドールLP700-4』。同車が2014年夏、全米で公開される予定の映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作、『トランスフォーマー4』(仮題)に出演することが決定した。

これは6月上旬、『トランスフォーマー』シリーズを手がけるマイケル・ベイ監督が、自身の公式サイトで明らかにしたもの。「アヴェンタドールLP700-4を、『トランスフォーマー4』に起用する」とアナウンスしている。

アヴェンタドールLP700-4は、最大出力700psの6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジン搭載。0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hと世界屈指のパフォーマンスを誇る。日本国内価格は4197万円から。

なお、マイケル・ベイ監督は自身の公式サイトで、『トランスフォーマー4』仕様のアヴェンタドールLP700-4の画像を公開。「Nero Nemesis」と呼ばれるボディカラーのクーペモデルの姿が見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 日本一贅沢なジムカーナ…Lamborghini Instinct Experience

    日本一贅沢なジムカーナ…Lamborghini Instinct Experience

  2. 新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

    新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

  3. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  4. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  5. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  6. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  7. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  8. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  9. ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版、6月3日発売決定

  10. 【F1 モナコGP】トヨタ MIRAI、オープニングラップに起用

アクセスランキングをもっと見る