車種ラインナップを拡大中のレクサスが、次なる新市場として参入が噂される小型SUVマーケット。いよいよ、レクサスの小型SUVが、現実になるようだ。

これは4月5日、『オートモーティブニュース』の欧州版が報じたもの。同メディアがレクサス関係者から得た情報として、「レクサスが2014年春のジュネーブモーターショーにおいて、プレミアム小型SUVを発表する」と伝えたのだ。

レクサスブランドにとって、初の小型SUVとなるこの新型車。現行ラインナップでは、『RX』の下に位置付けられ、アウディ『Q3』やBMW『X1』を最大の競合車に想定するという。

なお、同メディアは、「ジュネーブモーターショー14でのワールドプレミアに先駆けて、2013年秋の東京モーターショーにコンセプトカーが出品される」とレポート。新型『IS』用と同じ、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを基本にしたハイブリッドも、設定されると見られる。
《森脇稔》