第1回カーデザインコンテスト受賞の生徒に現役カーデザイナーがスケッチ指南

自動車 ビジネス 企業動向

自動車技術会デザイン部門委員会は、3月27日に第1回カーデザインコンテストの表彰式を行い、その受賞者を対象に、現役デザイナーによるデザインスケッチの講習会を行った。

このコンテストは、中・高校生を対象に、“近未来社会にあってほしいクルマ”をテーマに描画作成にて募集。全ての応募に対して、最も優れている作品に贈られるカーデザイン大賞1名。デザイン性に優れ、イメージや機能が最も優れて絵に表現されている作品に贈られるカーデザイン賞(中学生の部・高校生の部各1名)。工学的な工夫に優れた作品に贈られるダビンチ賞(中学生の部・高校生の部各1名)。審査員が特別に優秀と評価した作品に贈られる審査員特別賞1名の合計6名が受賞した。

その受賞者を対象に、表彰式後、現役デザイナーが使用しているPCでスケッチを実演。その後、各受賞者と現役デザイナーがマンツーマンで、それぞれの応募作品をもとにスケッチの手法やコツ、ペン使いのテクニックなどをレクチャーした。また、受賞者からの質問への回答も、口頭だけではなく、実際にペンを走らせて実演で示すなど、プロによるアドバイスが行なわれた。

終了後、受賞者からは「夢のような時間だった。本当に楽しかった」との声が聞かれた。また、デザイナーからは、「普段は(手法やコツなど)無意識にスケッチを描いているので、どう教えたらいいかを改めて自分の頭の中で整理しました。我々にとっても良い機会でした」(いすゞ自動車デザインセンタープロダクト第一グループ渡辺元生さん)と述べていた。
《内田俊一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品