ホンダ、マレーシア二輪新工場が本格稼働

モーターサイクル 企業動向

ホンダのマレーシアにおける二輪生産販売会社、文秀ホンダは、年間生産能力30万台の新工場が今年2月に本格稼働したことを祝し、3月12日にオープニングセレモニーを開催した。

式典には、来賓としてマレーシアの通商産業省 ヤン ベルホルマット ダトースリ ムスタパ ビン モハメド大臣らを迎え、ホンダからは伊東孝紳社長、小林浩アジア・大洋州本部長らが出席した。

文秀ホンダの新工場は、生産、購買、営業部門が一か所に集約したワンフロア化を実現。土地の取得と建屋の建設費用を含めた投資額は約2億2200万マレーシアリンギット(約68億円)で、立ち上げ時の新工場の従業員数は約1100名(非正規従業員を含む)。

『EX-5』『ウェイヴ』など、マレーシア国内向けモデルの製造を行っており、塗装工程へ最新の生産技術を投入することなどにより、高効率な生産体制の新工場となっている。また、エミッション検査施設、400メートル規模の完成車テストコースを備えるなど、製品チェック体制も充実させている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  5. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  6. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  7. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  8. 初期型『CBR600RR』のベーシックメンテ…『モトメンテナンス』8月号

  9. ヤマハ ビーノ に限定1000台の特別カラー、イメージは「ハッピー詰まったチョコ」

  10. トライクファクトリー、イタルジェット社スクーターの取り扱いを開始

アクセスランキングをもっと見る