日本郵船、日本・インドネシア航路と日本・ベトナム・インドネシア航路を改編

船舶 企業動向

日本郵船は、日本~インドネシア航路(PGSサービス)と日本~ベトナム~インドネシア航路(TWXサービス)を改編する。

日本~インドネシア航路は、関西エリアからの高速サービスを維持しながら関東エリアからも競争力のあるトランジットタイムをPGS-1、PGS-2サービスで提供する。寄港地変更によりスケジュールの安定化も図る。

PGS-1は2600TEU型4隻を使ってウィークリーサービスを提供する。28日ラウンドで寄港地は、東京~川崎~横浜~清水~四日市~名古屋~神戸~マニラ~シンガポール~ポートケラン~ジャカルタ~シンガポール~香港~東京。3月27日の東京寄港船から開始する。

PGS-2は2600TEU型4隻を使ったウィークリーサービスで28日ラウンド。寄港地は大阪~名古屋~清水~東京~横浜~御前崎~シンガポール~ジャカルタ~シンガポール~マニラ~大阪。3月27日の大阪寄港船から開始する。

日本~ベトナム航路では、需要が高かったベトナム北部ハイフォン港への直接寄港を新たにVLSサービスで開始する。同時に、釜山寄港も開始することで、北海道や日本海から釜山を経由して台湾・ベトナム北部へのサービス利便性の改善を図る。21日ラウンドで1100TEU型3隻を使用してウィークリーサービスを提供する。寄港地は東京~横浜~清水~名古屋~神戸~釜山~光陽~基隆~高雄~ハイフォン~高雄~アモイ~基隆~東京。

ベトナム南部への直接寄港は、同じく新サービスとなる「LNSサービス」で維持する。

今回の改編で、成長が見込まれる日本~インドネシア間と日本~ベトナム間を結ぶサービスを強化し、顧客ニーズに対応した高品質なサービスを提供すると、している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

    【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

  2. 世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

    世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

  3. 名古屋港にアジア最大級のクルーズ船が初寄港 6月27日

    名古屋港にアジア最大級のクルーズ船が初寄港 6月27日

  4. 三井造船、環境・災害対応型の完全電動クレーン3基を納入

  5. 【海の日】自動車専用船の船内見学も、「船」が好きになるイベント

  6. IHI、世界初の舶用補機専用ターボチャージャーを開発…2017年初頭に発売

  7. フェリーさんふらわあ、「弾丸フェリー」を期間限定で販売…関西=九州往復セットが1万円

  8. 釣り需要に最適な2馬力…ヤマハ発、ポータブルタイプの4スト船外機を発売

  9. 日産マリーン、3月末で舟艇とエンジンの販売を終了

  10. ヤマハ発動機、海苔養殖専用漁船を開発…有明海で活躍へ

アクセスランキングをもっと見る