【三菱 デリカD:5 試乗】復活のデリカディーゼル、グイグイトルクが魅力…諸星陽一

試乗記 国産車

かつて「デリカ」と言えばスターワゴン、スペースギア時代からディーゼルエンジンに高い評価が集まっていた。しかし、規制の関係などからその規模は縮小、現在のD:5では当初から設定されることはなかった。

D:5デビューから6年、ついにデリカにディーゼルエンジンが復活した。今回搭載されるのは2.3リットル4気筒の直噴ターボ。最大トルクの360Nmを1500~2750回転の低回転域で発生するというディーゼルらしい特性。もちろんクリーンディーゼルで、免税(100%減税)対象だ。

実際に走らせてみても低速トルクが豊富なのは実感できる。アクセルペダルをグッと踏み込んだときは2000回転くらいからのトルクのもりあがりが気持ちいい、モリモリとトルクがもりあがりグイグイ加速していく。

14.9という高圧縮比の直噴ディーゼルエンジンなので、それなりに振動と騒音がある。とはいえ、一昔前のディーゼルのようなガラガラとした印象ではなく、一皮むけた感じはある。

スターワゴン、スペースギア時代のデリカは、クロカン1ボックスと言われるほど、オフロードの走破性が高かった。現行モデルも高性能の4WDシステムを備える。スッキリしたスタイリングだが、じつは最低地上高も210mmとたっぷりとしている。

ねばり強いディーゼルエンジンと、タフな4WDシステムを使って、のそりのそりと岩場を走ってみるのも楽しそう。ミニバン初のクリーンディーゼル車は、狭まったクルマの世界を再び広げることに成功したと言える。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

    【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  2. 【スズキ バレーノ 試乗】走りなら迷うことなく「XT」だが、経済性は「XG」か…会田肇

    【スズキ バレーノ 試乗】走りなら迷うことなく「XT」だが、経済性は「XG」か…会田肇

  3. 【ジャガー XF 試乗】旧型とは似て非なるもの…中村孝仁

    【ジャガー XF 試乗】旧型とは似て非なるもの…中村孝仁

  4. 【ボルボ XC90 T8 試乗】初のハイブリッドボルボ、将来への“魁”の一台…中村孝仁

  5. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 前編】カラット数は大きいがまだ磨きかけの宝石のよう…井元康一郎

  6. 【スズキ バレーノ 試乗】ちょっとその存在に疑問を感じてしまうターボの「XT」…諸星陽一

  7. 【スズキ バレーノ 試乗】凄く良くできているところと、まだまだの部分と…中村孝仁

  8. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  9. 【ボルボ V60 D4 3500km試乗 前編】「エコラン意識せず」東京~鹿児島間を無給油で…井元康一郎

  10. 【スズキ アルトワークス 試乗】こいつは軽のスポーツカーだ…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る