【三菱 デリカD:5 試乗】復活のデリカディーゼル、グイグイトルクが魅力…諸星陽一

試乗記 国産車

三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
かつて「デリカ」と言えばスターワゴン、スペースギア時代からディーゼルエンジンに高い評価が集まっていた。しかし、規制の関係などからその規模は縮小、現在のD:5では当初から設定されることはなかった。

D:5デビューから6年、ついにデリカにディーゼルエンジンが復活した。今回搭載されるのは2.3リットル4気筒の直噴ターボ。最大トルクの360Nmを1500~2750回転の低回転域で発生するというディーゼルらしい特性。もちろんクリーンディーゼルで、免税(100%減税)対象だ。

実際に走らせてみても低速トルクが豊富なのは実感できる。アクセルペダルをグッと踏み込んだときは2000回転くらいからのトルクのもりあがりが気持ちいい、モリモリとトルクがもりあがりグイグイ加速していく。

14.9という高圧縮比の直噴ディーゼルエンジンなので、それなりに振動と騒音がある。とはいえ、一昔前のディーゼルのようなガラガラとした印象ではなく、一皮むけた感じはある。

スターワゴン、スペースギア時代のデリカは、クロカン1ボックスと言われるほど、オフロードの走破性が高かった。現行モデルも高性能の4WDシステムを備える。スッキリしたスタイリングだが、じつは最低地上高も210mmとたっぷりとしている。

ねばり強いディーゼルエンジンと、タフな4WDシステムを使って、のそりのそりと岩場を走ってみるのも楽しそう。ミニバン初のクリーンディーゼル車は、狭まったクルマの世界を再び広げることに成功したと言える。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5
  • 三菱 デリカ D:5

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【アウディ A1 1.0 TFSI 試乗】役どころこなす「末っ子アウディ」…島崎七生人

    【アウディ A1 1.0 TFSI 試乗】役どころこなす「末っ子アウディ」…島崎七生人

  2. 【日産 ノート 試乗】コンパクトカーとは思えない後席の広さ…青山尚暉

    【日産 ノート 試乗】コンパクトカーとは思えない後席の広さ…青山尚暉

  3. スバルAWDのすべてを雪上で試す…「フルタイム」だからこその走破性を実感

    スバルAWDのすべてを雪上で試す…「フルタイム」だからこその走破性を実感

  4. 【日産 スカイライン 試乗】世界初のダイレクトアダブティブステアリングに驚く…片岡英明

  5. 【スズキ ソリオ 試乗】奥ゆかしいサジ加減が、日本のクルマらしい…岩貞るみこ

  6. 【スバル フォレスター 試乗】外観以上に走りで「オトコ」を上げた…島崎七生人

  7. 【スバル フォレスター 試乗】走りの質感向上は歓迎するが、安全装備の設定には不満…松下宏

  8. 【レクサス LX 雪上試乗】卓越したオフロード性能は雪道でも強力…諸星陽一

  9. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  10. 【ダイハツ タントカスタム 試乗】ママだけに独占させるのはもったいない!…西川淳

アクセスランキングをもっと見る