マツダ、メキシコ新工場の生産能力を6割増強へ…2015年度

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ2(日本名:デミオ)
  • マツダ2(日本名:デミオ)
マツダのメキシコ生産子会社、マツダモーターマニュファクチャリングメキシコは1月3日、2015年度をメドに、メキシコ新工場の生産能力を増強すると発表した。

マツダのメキシコ新工場は現在、マツダと住友商事の合弁工場として、メキシコ中部のグアナフアト州サラマンカ市に建設中。2014年3月までに稼働する予定で、当初の生産能力は年間14万台を想定していた。

今回の発表によると、マツダはメキシコ新工場の生産能力を、2015年度をメドに6割増強。年産台数を14万台から23万台へ、引き上げる計画だ。

今回の増産決定は2012年11月、マツダとトヨタがメキシコ新工場において、マツダ車の他にトヨタ車の生産も行うことで合意したことを受けたもの。メキシコ新工場では、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ2』(日本名:『デミオ』)、デミオベースのトヨタ車の3車種を生産する。

マツダの山内孝 社長兼CEOは、「今回の生産能力の増強は、中長期経営計画において、マツダの海外生産の強化に向けた重要なステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》
  • マツダ2(日本名:デミオ)

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. JX日鉱日石、ガソリン卸価格6.5円の大幅引き下げ…8月

    JX日鉱日石、ガソリン卸価格6.5円の大幅引き下げ…8月

  2. 日産、世界で最も過酷なゴルフ大会の映像を公開…優勝スコアは103オーバー

    日産、世界で最も過酷なゴルフ大会の映像を公開…優勝スコアは103オーバー

  3. フォード マスタング 新型、右ハンドル車の量産を開始

    フォード マスタング 新型、右ハンドル車の量産を開始

  4. 日本の2輪業界をデザインで盛り上げる…デザイン学生を対象にしたワークショップ

  5. 日本自動車初期品質調査、ブランドはトヨタがトップ…2015年JDパワー調査結果

  6. スバル レガシィ、米国でリコール…オイル漏れの可能性

  7. 自動車セールス満足度、ラグジュアリー部門トップはレクサス…JDパワー

  8. 「剥がしやすさ」がタイヤピットの現場を変える… マルエム製 新バランスウェイト

  9. オートバックス、くるまマイスター検定に協賛…11月29日、全国6都市で開催

  10. クルマの買い替え、賢いのは下取り or 買取り?

アクセスランキングをもっと見る