マツダ、メキシコ新工場の生産能力を6割増強へ…2015年度

自動車 ビジネス 企業動向

マツダのメキシコ生産子会社、マツダモーターマニュファクチャリングメキシコは1月3日、2015年度をメドに、メキシコ新工場の生産能力を増強すると発表した。

マツダのメキシコ新工場は現在、マツダと住友商事の合弁工場として、メキシコ中部のグアナフアト州サラマンカ市に建設中。2014年3月までに稼働する予定で、当初の生産能力は年間14万台を想定していた。

今回の発表によると、マツダはメキシコ新工場の生産能力を、2015年度をメドに6割増強。年産台数を14万台から23万台へ、引き上げる計画だ。

今回の増産決定は2012年11月、マツダとトヨタがメキシコ新工場において、マツダ車の他にトヨタ車の生産も行うことで合意したことを受けたもの。メキシコ新工場では、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ2』(日本名:『デミオ』)、デミオベースのトヨタ車の3車種を生産する。

マツダの山内孝 社長兼CEOは、「今回の生産能力の増強は、中長期経営計画において、マツダの海外生産の強化に向けた重要なステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

    三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  3. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  7. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  8. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  9. ブリヂストン、AI実装の最新鋭タイヤ成型システムを彦根工場に初導入

  10. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

アクセスランキングをもっと見る