マツダ、メキシコ新工場の生産能力を6割増強へ…2015年度

自動車 ビジネス 企業動向

マツダのメキシコ生産子会社、マツダモーターマニュファクチャリングメキシコは1月3日、2015年度をメドに、メキシコ新工場の生産能力を増強すると発表した。

マツダのメキシコ新工場は現在、マツダと住友商事の合弁工場として、メキシコ中部のグアナフアト州サラマンカ市に建設中。2014年3月までに稼働する予定で、当初の生産能力は年間14万台を想定していた。

今回の発表によると、マツダはメキシコ新工場の生産能力を、2015年度をメドに6割増強。年産台数を14万台から23万台へ、引き上げる計画だ。

今回の増産決定は2012年11月、マツダとトヨタがメキシコ新工場において、マツダ車の他にトヨタ車の生産も行うことで合意したことを受けたもの。メキシコ新工場では、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ2』(日本名:『デミオ』)、デミオベースのトヨタ車の3車種を生産する。

マツダの山内孝 社長兼CEOは、「今回の生産能力の増強は、中長期経営計画において、マツダの海外生産の強化に向けた重要なステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  4. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  5. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  6. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  9. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  10. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

アクセスランキングをもっと見る