マツダ、メキシコ新工場の生産能力を6割増強へ…2015年度

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ2(日本名:デミオ)
  • マツダ2(日本名:デミオ)
マツダのメキシコ生産子会社、マツダモーターマニュファクチャリングメキシコは1月3日、2015年度をメドに、メキシコ新工場の生産能力を増強すると発表した。

マツダのメキシコ新工場は現在、マツダと住友商事の合弁工場として、メキシコ中部のグアナフアト州サラマンカ市に建設中。2014年3月までに稼働する予定で、当初の生産能力は年間14万台を想定していた。

今回の発表によると、マツダはメキシコ新工場の生産能力を、2015年度をメドに6割増強。年産台数を14万台から23万台へ、引き上げる計画だ。

今回の増産決定は2012年11月、マツダとトヨタがメキシコ新工場において、マツダ車の他にトヨタ車の生産も行うことで合意したことを受けたもの。メキシコ新工場では、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)、『マツダ2』(日本名:『デミオ』)、デミオベースのトヨタ車の3車種を生産する。

マツダの山内孝 社長兼CEOは、「今回の生産能力の増強は、中長期経営計画において、マツダの海外生産の強化に向けた重要なステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》
  • マツダ2(日本名:デミオ)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 8割以上がICカードを所有、利用率トップは「Suica」…パーク24調べ

    8割以上がICカードを所有、利用率トップは「Suica」…パーク24調べ

  2. 日産、第3四半期純利益は34%増の4528億円と過去最高

    日産、第3四半期純利益は34%増の4528億円と過去最高

  3. 日産 田川常務「今期計画達成には自信もっている」

    日産 田川常務「今期計画達成には自信もっている」

  4. 日立、低濃度バイオエタノールで高効率に発電するシステムを試作

  5. 【リコール】路線バス 日野ブルーリボンII、走行中に乗降口が開くおそれ

  6. 【池原照雄の単眼複眼】どう変わる? ダイハツの小さなクルマづくり…トヨタとの連携で新展開

  7. インフィニティ世界販売、過去最高…Q30 発売効果 1月

  8. エンジニア意識調査、業務と関係の深い技術系トレンドワードのトップは「自動運転」

  9. 大気中でも安定的に取り扱える2層シリセンの合成に成功…自動運転車の制御系向け

  10. 【リコール】路線バス いすゞ エルガ など、グライドスライド扉に不具合

アクセスランキングをもっと見る