3人に1人がマイカーは軽自動車…ソニー損保調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

ソニー損害保険は、全国カーライフ実態調査を実施、その結果を発表した。調査は、10月16日から22日の7日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳から59歳の男女に対し、インターネットリサーチで実施し、3000人の有効回答を得た。

車の諸経費で負担に感じるものを複数回答で聞いたところ、「車検・点検費」が最も高く68.5%、次いで「自動車税」59.9%、「ガソリン代・燃料代」57.6%が続いた。過去2回(2010年・2011年)の調査結果と比較すると、「ガソリン代・燃料代」を負担に感じる割合が年々増加。近年のガソリン小売価格の上昇に伴い、ガソリン代・燃料代の負担感が増え、燃費に対する意識も高まっている様子がうかがえる結果となった。

主に運転している車のボディタイプでは、「軽自動車」が最も多く34.9%、次いで、「ミニバン」17.6%、「コンパクトカー」が15.7%、「ステーションワゴン」が14.0%と続いた。過去2回の調査結果と比較すると、「軽自動車」の割合が年々増加し、2年で6.6ポイント上昇。特に「軽自動車」の割合が著しく増加しているのは10代・20代の男性と50代の女性で、それぞれ軽自動車を運転している割合が2年間で1割以上増加している。

今後車を買い替える予定では、「半年以内」が2.5%、「1年以内」が5.1%、「2年以内」が11.4%、「3年以内」が12.7%、「5年以内」が16.9%となり、今後5年以内に買い替える予定のある人の割合は48.6%。また、「買い替えをせず、手放す予定」は3.2%となった。また、次に買い替える時に新車と中古車のどちらで購入を考えているかを聞いたところ、「新車」が60.2%、「中古車」が16.0%となった。「新車」は昨年から4.3ポイント減少しており、特に50代では10ポイントを越える下落となった。

買い替え時の予算(車体本体価格)では、「100万円〜150万円未満」が一番多く22.2%、次いで「150万円~200万円未満」が17.8%となり、「わからない」と回答した人を除いた平均予算額は177万5000円となった。車のタイプ別に平均予算額を比較をすると、「HVを新車購入」では222万2000円、「ガソリン車を新車購入」では201万7000円、「EVを新車購入」では198万6000円となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. フィアット 500 、全世界で8万台をリコール…クラッチに不具合

  10. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

アクセスランキングをもっと見る