世界最速、最強、そして最も高価と、3拍子揃ったフランスのスーパーカー、ブガッティ『ヴェイロン』。その次期モデルの中身が、見えてきた。

これは11月15日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたブガッティのチーフエンジニア、ジェンス・シュレンブルグ氏が、次期ヴェイロンに関して、気になる情報を明かしたというのだ。

現行ヴェイロンの最強モデル、「16.4スーパースポーツ」は、4つのターボで過給される8.0リットルW16気筒エンジンを、さらなる高性能を求めてチューニング。最大出力1200ps、最大トルク153kgmを発生する。2010年7月、431.072km/hという市販車によるギネス世界最高速記録を打ち立てたのも記憶に新しい。日本での価格は、1億円以上。

現行型でも驚愕のスペックを誇るヴェイロンだが、次期型はどのような方向へと進化するのか。同メディアのインタビューに対して、ジェンス・シュレンブルグ氏は、「カーボンファイバー製ホイールを採用するなどして、大幅に軽量化する。ハイブリッドも検討中」と話したという。

同メディアは同氏のこの発言を受けて、「次期ヴェイロンは250kg軽量化したボディに、1600ps級のパワーユニットを搭載。0‐100km/h加速は1.8秒、最高速は466km/hレベル」とレポートしている。
《森脇稔》