【トヨタ タイ進出50周年】豊田社長、タイの生産能力を年100万台に増強

自動車 ビジネス 企業動向

タイトヨタの設立50周年記念式典
  • タイトヨタの設立50周年記念式典
  • タイトヨタの設立50周年記念式典
  • タイトヨタの設立50周年記念式典
トヨタ自動車の豊田章男社長は11月8日、バンコク市内で開いた現地法人の設立50周年記念式典の席上、タイでの生産能力を「近い将来、年産100万台レベルまで引き上げていきたい」と表明した。

50周年を迎えたのは3工場を有するタイトヨタ(トヨタ・モーター・タイランド)で、現在の能力は年67万台。同社は今年1月に、ゲートウェイ工場に第2工場を建設する計画を決めており、2013年半ばには関連会社を含む能力は76万台となる。今回は、その計画よりさらに3割強の能力増方針を打ち出した。現在、トヨタの生産が100万台を超えているのは日本と米国だけで、今後、タイは中国と並ぶ新興国の重要拠点となる。

トヨタはタイの新車市場で38%程度のシェアをもつトップメーカー。今年の総市場は、昨年の洪水からの復興需要などにより、過去最高の140万台(前年比75%増)規模に達する見込み。トヨタ車も最高の50万台(70%増)を計画している。

タイは輸出拠点とも位置づけられており、今年の生産見込みは88万台と、能力を大幅に上回るフル生産が続いている。今後も内需や輸出向けの需要が高まる見通しにあり、一層の能力増が課題となっていた。
《池原照雄》
  • タイトヨタの設立50周年記念式典
  • タイトヨタの設立50周年記念式典
  • タイトヨタの設立50周年記念式典

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カストロール ネクセル 後編】エンジンオイルのカートリッジ化で、リサイクルも可能に

    【カストロール ネクセル 後編】エンジンオイルのカートリッジ化で、リサイクルも可能に

  2. メルセデス・ベンツ日本、イベント型ブランド体験施設を六本木に開設

    メルセデス・ベンツ日本、イベント型ブランド体験施設を六本木に開設

  3. 【ギフトショー16】ケンコーの防水デジカメ、低価格が受けて品切れ状態に

    【ギフトショー16】ケンコーの防水デジカメ、低価格が受けて品切れ状態に

  4. スズキ長尾常務、トヨタのダイハツ完全子会社化「営業、技術に影響」

  5. 【カストロール ネクセル 前編】オイル交換が90秒で可能に…画期的システム、市販車への適用は

  6. いすゞ、新型 D-MAX がタイで約3万台の受注残…現地で増産に乗り出す

  7. トヨタのエアバッグリコール、米国に拡大…32万台が対象

  8. ヤマハ発 柳社長「円高影響は商品効果とコストダウンで吸収する」

  9. 【ギフトショー16】リモコンで遠隔操作できる子供用電動車、タブレットも装備

  10. カーメイト、芳香剤やHIDバルブ低迷、原価率悪化で減収減益…2015年4-12月期決算

アクセスランキングをもっと見る