人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【トヨタ タイ進出50周年】豊田社長、タイの生産能力を年100万台に増強

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車の豊田章男社長は11月8日、バンコク市内で開いた現地法人の設立50周年記念式典の席上、タイでの生産能力を「近い将来、年産100万台レベルまで引き上げていきたい」と表明した。

50周年を迎えたのは3工場を有するタイトヨタ(トヨタ・モーター・タイランド)で、現在の能力は年67万台。同社は今年1月に、ゲートウェイ工場に第2工場を建設する計画を決めており、2013年半ばには関連会社を含む能力は76万台となる。今回は、その計画よりさらに3割強の能力増方針を打ち出した。現在、トヨタの生産が100万台を超えているのは日本と米国だけで、今後、タイは中国と並ぶ新興国の重要拠点となる。

トヨタはタイの新車市場で38%程度のシェアをもつトップメーカー。今年の総市場は、昨年の洪水からの復興需要などにより、過去最高の140万台(前年比75%増)規模に達する見込み。トヨタ車も最高の50万台(70%増)を計画している。

タイは輸出拠点とも位置づけられており、今年の生産見込みは88万台と、能力を大幅に上回るフル生産が続いている。今後も内需や輸出向けの需要が高まる見通しにあり、一層の能力増が課題となっていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  3. カレコ・カーシェアリング、沖縄県に初進出

    カレコ・カーシェアリング、沖縄県に初進出

  4. イエローハット、福井および鹿児島に新店舗オープン…7月29日

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  8. スバル富士重 吉永社長「不正な事例はない」…燃費データの社内調査

  9. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  10. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

アクセスランキングをもっと見る