レクサスが現在、開発中と見られる小型SUV。同車の車名を、海外のトヨタのファンサイトがスクープしている。

これは10月31日、米国のトヨタ/レクサス/サイオンのファンサイト、『Kaizen Factor』が伝えたもの。同サイトによると、レクサスは10月15日、米国で「NX200t」と「NX300h」という2つのネーミングを商標登録したという。

この『NX』、いったいどんな車なのか。レクサスは、SUVの車名に「X」を使用している。例えば、『RX』をはじめ、『ランドクルーザープラド』のレクサス版が『GX』、『ランドクルーザー200』のレクサス版が『LX』を名乗る。つまりNXは、SUVである可能性が高いのだ。

レクサスは、トヨタ『RAV4』をベースにした新型車を開発し、プレミアム小型SUV市場への参入を計画中と伝えられる。このNXは、まさにそのモデルのネーミングと推測できる。

同サイトは、「NX200tは2.0リットルターボ、NX300hは2.5リットルのハイブリッド」とレポートしている。
《森脇稔》