ブリヂストン、BLIZZAK SI-12のオクタゴンパタン効果[動画]

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、氷上グリップの向上に焦点を絞って開発した乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK SI-12」を10月26日より、北海道地区のブリヂストンタイヤショップ限定で発売すると発表した。

氷上ブレーキ性能、氷上加速性能、氷上コーナリング性能を「BLIZZAK REVO GZ」に比べ向上させたBLIZZAK SI-12。

タイヤ開発第2本部長の牛窪寿夫氏は「BLIZZAKシリーズの開発コンセプトは日本の冬道、世界的に特徴的なアイス路面、氷上での安全性能の向上を目指して開発をして参りました」とSI-12に採用された「親水性発泡ゴム」や「オクタゴンパタン」に関して動画を交えて技術説明を行った。

氷上性能の向上を果たしながらも、ライフ、直進安定性能の低下という弊害もあり、テスト的なマーケティングも兼ねて北海道地区での限定販売となったBLIZZAK SI-12。水膜を減らし、接触面積の増加を果たしたオクタゴンパタンは、今シーズンの評価次第で今後のスタッドレスタイヤに採用される可能性を秘めた新しいパタンだと同氏は説明した。


《山本 一雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 理論のヒントは「イニD」? マツダ G-VECTORING CONTROL 、“違和感ない制御”の秘密

    理論のヒントは「イニD」? マツダ G-VECTORING CONTROL 、“違和感ない制御”の秘密

  2. 【インタビュー】アストンマーティン パーマーCEO「18年にシェア25%目指す」

    【インタビュー】アストンマーティン パーマーCEO「18年にシェア25%目指す」

  3. 三菱の燃費不正、米国法人が声明…「米国仕様に影響なし」

    三菱の燃費不正、米国法人が声明…「米国仕様に影響なし」

  4. マツダ「G-VECTORING CONTROL」、派手ではないがこだわりつまった新技術

  5. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  6. アストンマーティン、九州エリア初の販売拠点「アストンマーティン福岡」を開設

  7. 三菱自と日産の軽自動車、販売再開は早くて7月に

  8. マツダ小飼社長「ローコスト経営の実力はまだこんなものではない」

  9. 【まとめ】13年ぶりに最高出力アップ、限定400台が即日受注…スバル WRX STI S207

  10. 【リコール】ホンダ フィット など16万4000台、アイドリングストップ不具合で火災事故も発生

アクセスランキングをもっと見る