「ナノ」が氷に効く…ダンロップの新スタッドレス「ウインターマックス」発売

自動車 ビジネス 企業動向

ウインターマックス
  • ウインターマックス
  • 住友ゴム工業取締役常務執行役員タイヤ技術本部長、西実氏
  • タイヤ購入者の約80%が氷上性能を求めた
住友ゴム工業は、スタッドレスタイヤの氷上性能を高めた新ブランド「WINTER MAXX(ウインターマックス)」の発表会を行った。

新ブランド、ウインターマックスは、新開発の「MAXXシャープエッジ」と、ダンロップ独自の新材料開発技術「4Dナノデザイン」により生まれた「ナノフィットゴム」を採用。

ウインターマックスの開発背景を、住友ゴム工業取締役常務執行役員タイヤ技術本部長の西実氏が語った。同社が実施した調査によると、タイヤ購入者が重要視しているポイントは、氷上性能の高さ、そして雪上、ウェット、ライフ性能と続く。西氏は「このようなお客様のニーズや市場環境を背景に、ダンロップ史上ダントツNo.1の氷上性能実現を新商品開発のコンセプトと致しました」と語った。

最優先課題に氷上性能を掲げつつ、新開発技術を活用し従来品である「DSX-2」よりも氷上、雪上、ドライ、ウェット、ライフと全ての性能向上を果たしたという。最後に西氏は同製品を「全国様々な地域、様々な路面状況において満足して頂けるように、高い総合性能を達成した我々の自信作です」と締めくくった。

WINTER MAXX(ウインターマックス)のサイズラインアップは13〜19インチまでの全88サイズとなっている。
《山本 一雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

    「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  4. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  5. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  6. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  7. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  8. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  9. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  10. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

アクセスランキングをもっと見る