「ナノ」が氷に効く…ダンロップの新スタッドレス「ウインターマックス」発売

自動車 ビジネス 企業動向

ウインターマックス
  • ウインターマックス
  • 住友ゴム工業取締役常務執行役員タイヤ技術本部長、西実氏
  • タイヤ購入者の約80%が氷上性能を求めた
住友ゴム工業は、スタッドレスタイヤの氷上性能を高めた新ブランド「WINTER MAXX(ウインターマックス)」の発表会を行った。

新ブランド、ウインターマックスは、新開発の「MAXXシャープエッジ」と、ダンロップ独自の新材料開発技術「4Dナノデザイン」により生まれた「ナノフィットゴム」を採用。

ウインターマックスの開発背景を、住友ゴム工業取締役常務執行役員タイヤ技術本部長の西実氏が語った。同社が実施した調査によると、タイヤ購入者が重要視しているポイントは、氷上性能の高さ、そして雪上、ウェット、ライフ性能と続く。西氏は「このようなお客様のニーズや市場環境を背景に、ダンロップ史上ダントツNo.1の氷上性能実現を新商品開発のコンセプトと致しました」と語った。

最優先課題に氷上性能を掲げつつ、新開発技術を活用し従来品である「DSX-2」よりも氷上、雪上、ドライ、ウェット、ライフと全ての性能向上を果たしたという。最後に西氏は同製品を「全国様々な地域、様々な路面状況において満足して頂けるように、高い総合性能を達成した我々の自信作です」と締めくくった。

WINTER MAXX(ウインターマックス)のサイズラインアップは13〜19インチまでの全88サイズとなっている。
《山本 一雄》
  • ウインターマックス
  • 住友ゴム工業取締役常務執行役員タイヤ技術本部長、西実氏
  • タイヤ購入者の約80%が氷上性能を求めた
  • 従来品である「DSX-2」から性能向上を果たしたウインターマックス
  • ウインターマックス
  • ウインターマックス

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 逆転の発想、クルマの乗り降りに最適な「逆開き傘」が登場

    逆転の発想、クルマの乗り降りに最適な「逆開き傘」が登場

  2. 新車見積ランキング、新型 シエンタ が2か月連続トップ…オートックワン8月

    新車見積ランキング、新型 シエンタ が2か月連続トップ…オートックワン8月

  3. クルマのナンバーを自動で塗りつぶすカメラアプリ、Android版をリリース

    クルマのナンバーを自動で塗りつぶすカメラアプリ、Android版をリリース

  4. 【リコール】コンビのチャイルドシート12万台…ベルト取付部や回転ロック機構に不具合

  5. ヤマトHD、24時間365日稼働の運送事業者向け整備工場を神戸に開設

  6. 新車登録台数、マツダが5か月連続の2ケタ増…8月ブランド別

  7. アイシン精機、4200万円相当の自社製品を自治体に寄贈…創立50周年記念事業

  8. 出光興産、ガソリン卸価格を5.2円引き下げ…8月

  9. 軽自動車販売、ダイハツが2か月ぶりに首位復帰…8月ブランド別

  10. クルマの買い替え、賢いのは下取り or 買取り?

アクセスランキングをもっと見る