人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ゼンリンデータコム Android用 いつもNAVI】車ナビ・乗換案内・自転車…通信型のオールインワンアプリ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ゼンリンデータコムがAndroidスマートフォン向けに提供している「いつもNAVI」は、スマートフォンでは少数派とも言えるオールインワン型のナビゲーションアプリだ。

現在、auおよびソフトバンクモバイル向けに提供しており、NTTドコモ端末には「ドコモ地図ナビ」として、ドコモとゼンリンデータコムとの協業でのサービス提供となっている。

アプリケーションは無償でダウンロードできるが、この状態で利用できる機能は地図と施設検索などに限られる。ナビゲーションやPC連携、VICS渋滞情報の利用などはなどの月額315円の有料となる。キャリアでの課金に対応しているので、フィーチャーフォンで使っていたユーザーはそのままの負担額・課金形態で利用できるようになっている。

オールインワンのアプリだけ合って、機能は非常に豊富だ。とくにナビゲーション機能は、自動車での渋滞考慮(リアルタイム&統計による予測)ルート探索に加えて、自転車ルート、電車+徒歩のドアtoドアナビ、さらに徒歩ナビは屋根の多いルートや階段の少ないルートなどを選択して設定することが可能だ。目的地周辺の天気情報も取得できる。

また「こだわり検索」として、ガソリンスタンドのガソリン価格検索駐車場の満空情報、オービス、グルメ、ホテルの空室情報、診療科など条件による病院検索、TVスポット検索など目的地を探す方法にも事欠かない。ドライブ用途でヘビーに使うのなら地図を端末内に収録するダウンロード型の「いつもNAVI ドライブ」もある。平日の仕事ではおもに公共交通機関を利用し、週末にはマイカーで行楽、という人にとってはこれらの移動を一つでこなせるいつもNAVIはうってつけの選択肢といえるだろう。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

    【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

  2. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

  3. フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

    フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

  6. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  7. 日産、自動運転車を年内に国内発売へ…高速道路単一レーンで自動走行可能

  8. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  9. ジャガー・ランドローバーの自動運転車、4つのコネクテッド技術を発表

  10. 安全運転支援+観光アプリ「おんせん県おおいたロードマップ」

アクセスランキングをもっと見る