人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ルノー メガーヌRS 発売】パワーと乗りやすさを両立したフェイズ2

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・メガーヌRS
  • ルノー・メガーヌRS
  • ルノー・メガーヌRS
  • ルノー・メガーヌRS
ルノー・ジャポンはフェイズ2となった『メガーヌRS』の発売を開始した。このモデルから右ハンドルのみの導入となる。価格は据え置きの385万円から。

フェイズ2に進化したことで、インテリアでは細部の変更が加えられた。具体的には、「ステアリング、シフト周りやエアコンの吹き出し口がピアノブラックになりました。また、ドアの内張りがレザー調からカーボン調に変更。レカロのサイドサポートがレザー調になっています」とは、同社広報グループの近棟伸邦さん。

そして、最大のポイントはエンジン出力の変更である。「ESPノーマルモードでは250ps、340Nmでこれまでと同じですが、スポーツモード(とOFFモード)を選択すると、265ps、360Nmにアップします。スポーツモードに入れた瞬間にアイドリングが225回転上がり、スタンバイモードになります」と話す。つまり、若干でもアイドリングを上げることで、より早くピークパワーとトルクを得ることが出来るのだ。また、「アクセルマッピングも若干変わるので、同じアクセル開度で、スイッチを切り替えるとポンとクルマが前に出る感じがあります」という。

更に、「フェイズ1と比較し、パワーが出ているのはもちろんですが、より低回転域からパワーの盛り上がりが始まるセッティングとなりましたので、これまで以上に乗りやすくなっています」と述べる。

因みに、この2つのモードを設定した理由については、「ヨーロッパでは燃費によって税金が大幅に変わりますので、ノーマルモードを設定したのです」と語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

    出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  2. メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

    メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  4. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  5. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  6. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  7. アウディ R8 スパイダー 新型、欧州受注を開始…0‐100km/h加速3.6秒のオープンエア

  8. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  9. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  10. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

アクセスランキングをもっと見る