人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

大震災以降、4割のドライバーが節約を意識して運転を控えた

自動車 ビジネス 国内マーケット

東日本大震災以降、ドライバーの4割が節約を意識して車の運転を控えたことが、ソニー損害保険が実施したカーライフ実態調査で明らかになった。

この調査は自家用車を所有し月に1回以上、運転する18歳から59歳の男女3000人に、大震災以降の車の使い方や意識について聞いたもの。それによると「震災以降、節約を意識して車の運転を控えた」という問いに対し、あてはまると答えた人は全体の41.8%だった。居住地別でみると東北地方では65.1%、関東地方では54.4%があてはまると回答した。

「燃費に関する意識が高まった」との問いに対しては68.0%があてはまると答え、中でも50代女性では77.6%と最も高かった。また「電気自動車やハイブリッド車に興味をもつようになった」には56.4%があてはまると回答。世帯年収別では800万~1000万円未満の層が66.8%と他の層に比べて最も高かった。

運転している車の実際の燃費と理想の燃費を聞いたところ、実際の燃費では「10km/リットル以上15km/リットル未満」が35.7%と最も多く、次いで「5km/リットル以上10km/リットル未満」の26.3%、「15km/リットル以上20km/リットル未満」の16.1%の順だった。一方、理想の燃費では「20km/リットル以上25km/リットル未満」が22.3%、「15km/リットル以上20km/リットル未満」21.0%、「25km/リットル以上30km/リットル未満」13.5%となり、実際の燃費とは大きな隔たりがあることがわかったとソニー損保ではみている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  3. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  4. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  5. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  8. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  9. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

  10. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

アクセスランキングをもっと見る