スマートフォンと通信できる次世代G-SHOCKを年内に投入

自動車 ビジネス 国内マーケット

カシオ計算機は、Bluetooth通信技術を活用し、スマートフォンと通信できる次世代腕時計『G-SHOCK』を開発、2011年中に市販する。

新製品は、世界中で時刻を自動補正できる機能性を追求した次世代腕時計「スマートウオッチ」と位置づけるBluetooth Low Energy対応ウオッチの第1弾となる。

Bluetooth Low Energy対応のスマートフォンと通信ができるため、スマートフォン側の時刻と腕時計の時刻が自動で同期する。スマートフォンは、タイムゾーンの異なる国や地域に移動しても現在地の時刻を自動で取得するので、腕時計も現在地の時刻に自動で補正できる。

また、スマートフォンを介して腕時計同士でコミュニケーションを図るなど、スマートフォン側のアプリケーションを新たに開発することで、全く新しい腕時計の使い方が拡がる。様々な機器とのネットワーク接続も可能。

通信機能を備えながらも従来の腕時計と同様、コイン型電池1個で約2年の電池寿命を実現する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  5. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  6. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  7. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  8. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  9. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  10. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

アクセスランキングをもっと見る