スマートフォンと通信できる次世代G-SHOCKを年内に投入

自動車 ビジネス 国内マーケット

カシオ計算機は、Bluetooth通信技術を活用し、スマートフォンと通信できる次世代腕時計『G-SHOCK』を開発、2011年中に市販する。

新製品は、世界中で時刻を自動補正できる機能性を追求した次世代腕時計「スマートウオッチ」と位置づけるBluetooth Low Energy対応ウオッチの第1弾となる。

Bluetooth Low Energy対応のスマートフォンと通信ができるため、スマートフォン側の時刻と腕時計の時刻が自動で同期する。スマートフォンは、タイムゾーンの異なる国や地域に移動しても現在地の時刻を自動で取得するので、腕時計も現在地の時刻に自動で補正できる。

また、スマートフォンを介して腕時計同士でコミュニケーションを図るなど、スマートフォン側のアプリケーションを新たに開発することで、全く新しい腕時計の使い方が拡がる。様々な機器とのネットワーク接続も可能。

通信機能を備えながらも従来の腕時計と同様、コイン型電池1個で約2年の電池寿命を実現する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. レースクイーンが時間をお知らせ!「サーキット時計」2016年の第2弾はSUPER GT

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る