【日産 セレナ 新型発表】実燃費予想、11.22km/リットル

エコカー 燃費

新型日産『セレナ』は、新たにアイドリングストップシステムを搭載することで燃費15.4km/リットル(10・15モード)を実現した。実燃費は11.22km/リットルていどまで向上すると予想される。

想定値について日産の担当者は、「たとえばアイドリングストップを多用する都市部と、そうではない場合とあるように、実燃費は条件で変わります……」と口を濁す。社内でシミュレーションはしてないのですか、との問いには「それが10・15モードです」との答え。

「新型のアイドリングストップなし仕様(20S/2WD/CVT)の10・15モード燃費は14.4km/リットルです。これに対するアイドリングストップのない従来型の10・15モード燃費の比と、新旧の実燃費の比はだいたい同じかと」

実燃費を携帯電話で管理するe燃費によると、従来型セレナ(2.0リットル/2WD/CVT)の実燃費が最高で9.53km/リットル。いっぽう10・15モード燃費は13.2km/リットルだ。

10・15モード燃費を新旧のアイドリングストップのない同士で比べて向上率が9%、新型同士で比べてアイドリングストップによる向上率が8%だ。新型のアイドリングストップ仕様の実燃費は、最高値で9.53×1.09×1.08=11.22(km/リットル)になると予想される。

直接のライバルの実燃費は同じく最高値で、ホンダ『ステップワゴン』が10.78km/リットル、トヨタ『ノア/ヴォクシー』が10.77km/リットルだ。いずれも2.0リットル/2WD/CVT、e燃費調べ。

e燃費の車種別ランキング、リアルタイム投稿情報は『カーライフナビ』でチェックすることができる。

カーライフナビURL
http://carlifenavi.com/
・このクルマの実燃費を『カーライフナビ』で調べる
・実燃費ランキングを『カーライフナビ』で見る
・近隣のガソリン価格を『カーライフナビ』で調べる
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  2. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

    三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. テスラの新型EV モデル3、予約受注ほぼ40万台…発表3週間で

  5. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  6. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  7. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  8. 【特集 クルマと震災 2012】トヨタ エスティマハイブリッド の有効性… アルファード や ヴェルファイア に1500Wコンセントがついていない理由

  9. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、38%増の7.2万台…1-3月

  10. 【EVバッテリー レポート2011-12 vol.2】急速充電の課題を解決するバッテリー技術の可能性

アクセスランキングをもっと見る