[動画]ホンダのドリームCM第2弾…CR-Z や ASIMO も出演

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダが2005年に制作して話題を呼んだCM、「インポッシブルドリーム」。その第2弾が4月27日、動画共有サイトで公開された。

インポッシブルドリームは、海沿いに住む主人公がゼッケン7番のレーシングスーツを身にまとい、ホンダの歴代2輪&4輪車に乗りながら、世界中を旅するというストーリー。美しく雄大な景色の中を、アンディ・ウィリアムスの名曲『ザ・インポッシブル・ドリーム』に合わせて疾走するホンダ車が話題となった。

今回のCMは、2005年以降のホンダの動きや、新商品の発表を反映した内容。まず、F1撤退を受けて、F1マシンの走行シーンがカットされた(ホンダの初代F1のシーンはそのまま)。

また、第1弾のラストシーンは、巨大な滝に吸い込まれたパワーボートが、熱気球になって復活するというものだった。しかし第2弾では、滝に消えたパワーボートは、ホンダのビジネスジェットに変身して姿を現す。

さらに、ハイブリッドスポーツ『CR-Z』や燃料電池車、『FCXクラリティ』、ヒューマノイドロボットの『ASIMO』も登場。ホンダの理念、「パワーオブドリーム」を表現した映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  7. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  10. 日本の自動車メーカーの米国雇用、過去最高の46万人…2015年

アクセスランキングをもっと見る