人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

[動画]ホンダのドリームCM第2弾…CR-Z や ASIMO も出演

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダが2005年に制作して話題を呼んだCM、「インポッシブルドリーム」。その第2弾が4月27日、動画共有サイトで公開された。

インポッシブルドリームは、海沿いに住む主人公がゼッケン7番のレーシングスーツを身にまとい、ホンダの歴代2輪&4輪車に乗りながら、世界中を旅するというストーリー。美しく雄大な景色の中を、アンディ・ウィリアムスの名曲『ザ・インポッシブル・ドリーム』に合わせて疾走するホンダ車が話題となった。

今回のCMは、2005年以降のホンダの動きや、新商品の発表を反映した内容。まず、F1撤退を受けて、F1マシンの走行シーンがカットされた(ホンダの初代F1のシーンはそのまま)。

また、第1弾のラストシーンは、巨大な滝に吸い込まれたパワーボートが、熱気球になって復活するというものだった。しかし第2弾では、滝に消えたパワーボートは、ホンダのビジネスジェットに変身して姿を現す。

さらに、ハイブリッドスポーツ『CR-Z』や燃料電池車、『FCXクラリティ』、ヒューマノイドロボットの『ASIMO』も登場。ホンダの理念、「パワーオブドリーム」を表現した映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

    2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  3. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  7. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  10. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

アクセスランキングをもっと見る