ゴルディーニが復活…ルノー車のスポーツグレード

自動車 ビジネス 企業動向

ルノーは10日、『ゴルディーニ』の名前を復活させると発表した。ルノーの小型スポーツモデルのグレード名として起用され、まずは『トゥインゴ』と『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)の2車種に設定される。

ゴルディーニは、イタリア出身のアメディ・ゴルディーニ氏(1899-79)が設立したレーシングエンジニアリング会社。1950 - 52年の3年間、「シムカ」と組んで「シムカ・ゴルディーニ」チームを結成し、F1グランプリに参戦した経験を持つ。

その後、ルノー車のチューニングを手がけるようになるが、ゴルディーニの名前を有名にしたのが、1964年に登場した『R8ゴルディーニ』だ。ルノーの小型セダン『R8』をベースに開発。1108cc直列4気筒エンジンは専用ヘッドとツインキャブを採用し、最大出力は約2倍の95psまでチューニングした。R8ゴルディーニは、この年のコルシカラリーにおいて、2位を除くトップ5でゴールするなどの快挙を成し遂げている。

R8ゴルディーニは、フレンチブルーのボディに2本のホワイトストライプを採用。1966年にはエンジン排気量を1255ccに拡大した。アラン・ドロンら人気俳優が主演する映画に起用された効果もあって、販売面でも成功。1969年、ゴルディーニはルノーに買収されるが、約20年間で20万台以上のルノーの高性能車を販売した。

ルノーの傘下入り後、ゴルディーニの名前を冠したモデルは登場してないが、ルノーは今回、ゴルディーニの復活を宣言。ルノースポール内のファッショナブルな新ブランドという位置づけで、その名前が使用される。

新ゴルディーニブランドは小型車中心のラインナップとなり、まずは『トゥインゴ・ゴルディーニRS』を25日に発表し、2010年春に発売。その後、『クリオ・ゴルディーニRS』も設定される。

ルノーは現時点では、カバーに覆われたトゥインゴの写真しか公表していない。25日、フランス・パリでその全容が明らかになる予定だ。ゴルディーニの名前が冠されるからには、走りのポテンシャルも非常に高いと推測される。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品