バスのクラクションに驚いて転倒? 小学生がはねられ死亡

自動車 社会 社会

22日夕方、沖縄県南城市内の国道331号を走行していた路線バスが、道路左側の路肩を走行していた自転車と接触する事故が起きた。自転車は転倒し、乗っていた7歳男児はバスにはねられて死亡。バスのクラクション鳴動に驚いて転倒した可能性もあるという。

沖縄県警・与那原署によると、事故が起きたのは22日の午後5時15分ごろ。南城市佐敷津波古付近の国道331号を走行していた東陽バスの運行する路線バス(馬天営業所発/那覇バスターミナル行き)が、道路左側の路肩を走行していた自転車と接触した。

自転車はバスの車体中央部に接触した弾みで転倒。乗っていた7歳の男児は路上に投げ出された直後、後輪ではねられた。男児は近くの病院に収容されたが、全身を強打したことが原因で約2時間後に死亡。警察はバスを運転していた50歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は片側1車線。調べに対して運転手は「男児の自転車がふらふらと走行していたため、追い抜く直前にクラクションを鳴らした」などと話しているという。警察ではクラクション鳴動に驚き、自転車が車道側に進出したり、転倒した可能性もあるとして、さらに調べを進めている。
《石田真一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

関連ニュース

特集

おすすめの商品