三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」

自動車 ビジネス 企業動向

三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
三菱自動車工業の益子修社長は26日の決算発表の席上、今年7月に発売する電気自動車(EV)『i MiEV』の採算性について年産「3万台規模がめどになる」との見方を示した。 

そのうえで「2013年くらいには3万台レベルにもっていきたい」と語った。i MiEVは7月から国内の法人向けを主体に発売、今年度末までに一部海外も含み1400台の販売を計画している。

今秋からは香港、英国にも投入、2010年度には左ハンドル車も設定して欧州などでの販売を強化したい考えだ。ただ、生産立ち上がりから1年間の生産は2000台にとどまる。11年度には1万5000台レベルに引き上げ、黒字転換へ着実な販売拡大を目指していく。
《池原照雄》
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 8割以上がICカードを所有、利用率トップは「Suica」…パーク24調べ

    8割以上がICカードを所有、利用率トップは「Suica」…パーク24調べ

  2. 【池原照雄の単眼複眼】どう変わる? ダイハツの小さなクルマづくり…トヨタとの連携で新展開

    【池原照雄の単眼複眼】どう変わる? ダイハツの小さなクルマづくり…トヨタとの連携で新展開

  3. 【リコール】路線バス 日野ブルーリボンII、走行中に乗降口が開くおそれ

    【リコール】路線バス 日野ブルーリボンII、走行中に乗降口が開くおそれ

  4. 大気中でも安定的に取り扱える2層シリセンの合成に成功…自動運転車の制御系向け

  5. インフィニティ世界販売、過去最高…Q30 発売効果 1月

  6. 日産、第3四半期純利益は34%増の4528億円と過去最高

  7. エンジニア意識調査、業務と関係の深い技術系トレンドワードのトップは「自動運転」

  8. 【リコール】路線バス いすゞ エルガ など、グライドスライド扉に不具合

  9. 世界最速スーパーカー、ブガッティ ヴェイロン …事故車がオークションに出品中

  10. パイオニア第3四半期決算…為替差損大幅減で赤字は17億4900万円に縮小

アクセスランキングをもっと見る