三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」

自動車 ビジネス 企業動向

三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
  • 三菱益子社長「EV事業は13年ごろに収益体質に」
三菱自動車工業の益子修社長は26日の決算発表の席上、今年7月に発売する電気自動車(EV)『i MiEV』の採算性について年産「3万台規模がめどになる」との見方を示した。 

そのうえで「2013年くらいには3万台レベルにもっていきたい」と語った。i MiEVは7月から国内の法人向けを主体に発売、今年度末までに一部海外も含み1400台の販売を計画している。

今秋からは香港、英国にも投入、2010年度には左ハンドル車も設定して欧州などでの販売を強化したい考えだ。ただ、生産立ち上がりから1年間の生産は2000台にとどまる。11年度には1万5000台レベルに引き上げ、黒字転換へ着実な販売拡大を目指していく。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス日本、SUVイヤー好調…六本木の体験施設も延長決定

    メルセデス日本、SUVイヤー好調…六本木の体験施設も延長決定

  2. スバルのすべてを体感できるイベント、お台場で開催…5月1日まで

    スバルのすべてを体感できるイベント、お台場で開催…5月1日まで

  3. 八千代工業、自動車部品の受注好調で増収…2016年3月期決算

    八千代工業、自動車部品の受注好調で増収…2016年3月期決算

  4. ポルシェミュージアム、累計来場者300万人…7年で達成

  5. 筋斗雲より乗りやすい?「ドラゴンボール」なマシンに乗ってみた

  6. ドライブをもっと美味しく…高速SAおすすめフード「東名&名神編」

  7. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  8. 日立グループ、無線通信で車載ECUソフトウェア更新可能なソリューションを開発

  9. 理論のヒントは「イニD」? マツダ G-VECTORING CONTROL 、“違和感ない制御”の秘密

  10. ショーワ、四輪事業低迷などで大幅減益…2016年3月期決算

アクセスランキングをもっと見る