【アウディ S3スポーツバック 試乗】ドアは5枚必要ない…金子浩久

試乗記 国産車

先々代は日本に導入されたが、先代は導入されなかったアウディ『S3』が、「S3スポーツバック」の名前で帰って来た。スポーツバックを名乗るのは、「A3スポーツバック」に揃えて、5ドアボディだからだ。先々代は、スポーティでパーソナルな雰囲気満点の3ドアだけだった。

A3用2リットル4気筒ターボを強化したエンジンはパワフルで、鋭い加速を実現している。ツインクラッチの「Sトロニック」ミッションもスムーズで、素早く変速する。高速域での安定感も抜群で、A3よりも引き締まった乗り心地も、頼もしい。弱点が見付からないほど、良くまとまっている。

だが、心焦がすまで“欲しい”と思わせないのは、なぜなのか。5ドアだから、ではないだろうか。「A3スポーツバック」でも同様だが、このボディには『A4アバント』のようには大量の荷物は載らない。ならば、ドアは5枚必要ないだろう。3ドアで十分だし、むしろカッコいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

金子浩久|モータリングライター
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。
《金子浩久》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品