開通前の新東名高速を見学 バスツアー

自動車 社会 行政

開通前の新東名高速を見学 バスツアー
  • 開通前の新東名高速を見学 バスツアー
NEXCO中日本と近畿日本ツーリスト、はとバスの3社は、建設中の新東名高速道路の見学と、旬の観光などを組み合わせたバスツアーを共同で企画、発売する。

名古屋発のコースでは、「Aコース:春の駿河路 新東名高速道路見学と羽衣伝説の三保の松原&清水港ウォーターフロント散策」、「Bコース:春の駿河路 新東名高速道路見学と東海道ウォーキング」 の2種類、東京発コースは「今しか見られない!新東名工事現場見学と桜咲く日本平」と、計3種類のツアーを用意した。

新東名高速の見学地は、開通前の延長4.5kmの富士川トンネル、静岡県内最長の連続鋼鈑桁橋である鎧田沢橋、世界一の複合アーチ橋である富士川橋を予定。現在建設工事を進めている新東名高速道路を見学してもらうことで、高速道路事業への理解を深めることが目的だ。

日程は、 2009年3月27日、28日、4月2日、3日、4日。春休み期間に設定することで、親子連れの顧客が参加しやすいようにした。

価格は、名古屋発Aコースが6800円、Bコースが7800円。東京発は、平日発7980円、土曜発8980円。予約販売開始日は名古屋発が1月30日、東京発が2月6日。

また、名古屋発では、Aコースでは清水エスパルスドリームプラザでの自由散策や三保の松原の見学ができ、Bコースでは東海道丸子宿のウォーキングと名物とろろ汁の昼食を楽しめる。東京発では、旬の桜えび昼食と日本平の散策が楽しめる。

土産として、SAの標識をデザインしたオリジナルハンドタオルや、今回のバスツアー参加証である「見学証明」、水「眠れる森の美水」が用意される。
《編集部》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

関連ニュース

特集

おすすめの商品