3輪バイク「トライク」のレンタルが好調…マツダレンタカー

自動車 ビジネス 企業動向

マツダレンタカーは現在、東京駅八重洲口店でバイクの後輪を2つに増やした3輪型車両、トライクのレンタルを行っており、それが好調だという。

店には3台のトライク(ハーレー2台、ヤマハ発動機のビッグスクーター1台)があるが、「週末は11月まで予約が埋まっている状態」(同社関係者)という。特にハーレーにあこがれている団塊の世代の申し込みが多いそうだ。

トライクは普通免許で乗ることができるが、運転になれてもらうために、教習所を借りて講習会を行っている。「毎回、30 - 40人の人が教習会に参加しれくれます」。同社関係者はトライクのレンタルが好評のため、状況を見ながら台数を増やしていくことを検討している。

ちなみにレンタル料金は、ハーレータイプが6時間1万5750円、12時間2万1000円、24時間3万1500円、以降1日につき1万6800円。ビッグスクータータイプは6時間1万500円、12時間1万2600円、24時間1万8900円、以降1日につき1万500円。

これから本格的な紅葉シーズンを迎えるが、トライクで風を切って走ると最高と言えるだろう。
《山田清志》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品