三菱自動車とPSAプジョー・シトロエン社は、ロシア・モスクワ市の南西180kmに位置するカルーガ州で、合弁車両組立工場の起工式を実施した。

式典には、アナトリー・アルタモノフ・カルーガ州知事なども出席した。

2011年に操業を開始する車両組立工場では、三菱、プジョー、シトロエンブランドの中型SUVと、プジョー及びシトロエンブランドの中型乗用車を生産する。生産能力は年間16万台で、このうち11万台は中型乗用車、5万台は中型SUVを生産する。

今後のロシア自動車市場の拡大に合わせ、生産能力は30万台まで増強できる。従業員は、約3000人を雇用する予定。合弁会社の初期投資額は4億7000万ユーロ(約750億円)で、PSAが7割、三菱が3割をそれぞれ負担する。

三菱の益子社長は「このプロジェクトは、1年余りにわたる両社の協議の成果であり、両社の技術交流をより一層深め、両社の更なる成長に寄与するものである」とコメントした。
《編集部》