三菱自動車とPSA、ロシア合弁車両組立工場の起工式

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車とPSAプジョー・シトロエン社は、ロシア・モスクワ市の南西180kmに位置するカルーガ州で、合弁車両組立工場の起工式を実施した。

式典には、アナトリー・アルタモノフ・カルーガ州知事なども出席した。

2011年に操業を開始する車両組立工場では、三菱、プジョー、シトロエンブランドの中型SUVと、プジョー及びシトロエンブランドの中型乗用車を生産する。生産能力は年間16万台で、このうち11万台は中型乗用車、5万台は中型SUVを生産する。

今後のロシア自動車市場の拡大に合わせ、生産能力は30万台まで増強できる。従業員は、約3000人を雇用する予定。合弁会社の初期投資額は4億7000万ユーロ(約750億円)で、PSAが7割、三菱が3割をそれぞれ負担する。

三菱の益子社長は「このプロジェクトは、1年余りにわたる両社の協議の成果であり、両社の技術交流をより一層深め、両社の更なる成長に寄与するものである」とコメントした。
《編集部》

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

  2. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

  3. 駐車場ビジネスに自動運転がどう活きるか…パーク24とZMPが実証実験

    駐車場ビジネスに自動運転がどう活きるか…パーク24とZMPが実証実験

  4. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

  5. 日立建機、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジ…新エンジン採用

  6. アイシン、展示館「コムセンター」をリニューアルオープン

  7. 三菱自動車、アウトランダーPHEV好調で国内販売が14か月ぶりのプラス…7月実績

  8. 「乗りたいベンツ」コンテスト、最優秀デザイン車両が完成…ヤナセ100周年

  9. マツダ ロードスター 新型、米国で事故…ディーラーの対応が話題に

  10. 「剥がしやすさ」がタイヤピットの現場を変える… マルエム製 新バランスウェイト

アクセスランキングをもっと見る