バイクの放置駐車を繰り返した男を逮捕

自動車 社会 社会

大阪府警は16日、大阪市中心部でバイクの違法駐車を繰り返し、出頭要請を10回無視した27歳の男を道路交通法違反(放置駐車)容疑で逮捕した。バイクの駐車違反で逮捕するのは珍しいという。

大阪府警・曽根崎署によると、逮捕された男は4月19日の午後、大阪市北区梅田1丁目付近の歩道上にバイクを放置した疑いがもたれている。

男は以前からこの付近にバイクを放置。これまでに駐車違反で12回の摘発を受けていた。警察署への出頭要請は10回にも及んでいるが、男がこれに応じることは一度も無かった。

警察では「歩行者の通行を妨げている」と判断。逮捕に踏み切ったが、バイクの駐車違反で逮捕に至るケースは珍しいとする。男は放置駐車の容疑を大筋で認めており、取り調べに対して「点数に響くのが嫌だった」などと供述している。
《石田真一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

関連ニュース

特集

おすすめの商品