トリノに、あのジウジアーロ デザインの館

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

荒川静香が金メダルを獲得したトリノオリンピックのフィギュアスケート競技場は、『パラヴェーラ』(パラベーラ)だった。「パラ」とはイタリア語palazzo(=館)を略したものである。ところで同じトリノに、業界関係者の間で『パラジウジアーロ』と呼ばれている建築物がある。

場所は、毎晩五輪関連イベントが開催されている『メダルズプラザ』から徒歩約5分の、ソルフェリーノ広場だ。

建物の正式名は『アトリウム・トリノ』といい、設計を担当したのはジウジアーロ・デザイン社。初代フィアット『パンダ』やアルファ『ブレラ』のデザインで知られるスタイリスト、ジョルジェット・ジウジアーロが設立した、非自動車系デザインを担当する会社だ(現在は自動車系のイタルデザインと合併)。同社は、東京お台場にある日本未来科学館のライブラリーも手がけている。

アトリウム・トリノは2004年1月に完成した。双子型の2棟からなるもので、五輪の事前プロモーションと地域紹介に1棟ずつ充てられた。

特異なフォルムは、トリノ旧市街の景観を壊さず、かつ建築前に存在した樹木を伐採せず建てられるよう配慮したものである。内部は一部2階建てで、バール(喫茶店)、銀行ATMなども併設されている。

聖火リレーの際には、トリノ市街におけるバトンタッチ・ポイントとしても用いられた。併設の屋外リンクを聖火ランナーがスケートで1周。駆けつけたトリノ市民から熱い声援が上がった。五輪開催中の現在は、フィアット、コカコーラ、パナソニック、サムスン電子といったスポンサーのプロモーションに用いられている。

ただし、パラリンピック終了後に、どのような形で活用されるかは未定とのこと。ジウジアーロ・ファンとしては住居として分譲してほしいところだが、全面ガラス張り。中は見えすぎちゃって困るので、念のため。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【F1 ロシアGP】ロズベルグが開幕4連勝…ホンダもダブル入賞果たす

    【F1 ロシアGP】ロズベルグが開幕4連勝…ホンダもダブル入賞果たす

  2. NERV中日本 EVANGELION足柄、5月8日に活動限界

    NERV中日本 EVANGELION足柄、5月8日に活動限界

  3. 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイ、開業50周年記念冊子を無料配布

    【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイ、開業50周年記念冊子を無料配布

  4. メルセデス GLC、米10ベストインテリア2016に選出

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT編『2016 RAYBRIG レースクイーン』

  6. 【新聞ウォッチ】揺れる三菱自、生産停止の水島製作所1300人の賃金カット交渉

  7. トミカ×ネッツトヨタ兵庫、86/BRZレースに参戦…初陣は6月4日 富士スピードウェイ

  8. 【サーキット美人2016】SUPER GT編『AUTECH Race Queen/MOTUL Circuit Lady』

  9. 【F1 ロシアGP】レッドブル提案のコックピット保護システム「エアロスクリーン」が初登場

  10. 太田哲也氏によるドライビングレッスン、教習車は ゴルフR MTモデルなど…6月11日 袖ヶ浦

アクセスランキングをもっと見る