人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ、チャンネル統合とともに アキュラ 日本導入

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、チャンネル統合とともに アキュラ 日本導入
  • ホンダ、チャンネル統合とともに アキュラ 日本導入
  • ホンダ、チャンネル統合とともに アキュラ 日本導入
  • ホンダ、チャンネル統合とともに アキュラ 日本導入
ホンダは14日、来年3月に「プリモ」「クリオ」「ベルノ」の販売チャネルを、新たに設立する「ホンダ」チャンネルに統合するとともに、08年秋に「アキュラ」ブランドを国内導入すると発表した。

プリモ店1494拠点、クリオ店511拠点、ベルノ店399拠点を合わせ、全国約2400拠点のホンダ店体制とする。取り扱い車種は全車種とする。さらに、08年秋開業のアキュラ店は、全国約100店でスタートする計画。

アキュラは1986年に米国でスタートし、現在、カナダ、メキシコ、香港で展開している。中国でも06年に導入する計画で、日本も、米国などと同様の、チャンネル体制へと移行することになる。

ホンダは、国内販売100万台を目標に掲げてきたが、実績は販売競争の激化により、目標を大幅に下回る80万台を切るレベルに止まっている。軽自動車の販売も、スズキやダイハツの競争や日産自動車の販売参入などで、販売実績が計画を下回っている。

これまで、ホンダは、プリモ、クリオ、ベルノの3チャンネルで、それぞれの商品特性を打ち出し、販売台数を確保する政策を推進してきた。しかし、実態は、軽を除くほとんどの車種が併売となっており、3チャンネル体制を維持する意味合いが薄れていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

    マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  3. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  4. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  5. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  6. ボッシュ、VW問題に声明「メーカー指定の部品を供給しただけ」

  7. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マツダ小飼社長「身の丈を超えた背伸びできない」…いすゞ製ピックアップ調達で

  10. トヨタの欧州販売、5.6%増の47万台…2年ぶり増加 上半期

アクセスランキングをもっと見る