【神尾寿のアンプラグドWeek特別編】『iPod』と『着うたフル』の本質的な違い | レスポンス(Response.jp)

【神尾寿のアンプラグドWeek特別編】『iPod』と『着うたフル』の本質的な違い

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

■着うたフルは音楽配信ビジネスなのか?


ケータイだけでフルサイズの圧縮音楽をダウンロード購入できるKDDIのau携帯電話向けサービス「着うたフル」。10月13日の発表後、本コラムでも紹介したが、今回、KDDIから開発中の試作機を借りることができた。今回はアンプラグドWeek特別編として、着うたフルサービスの本質を分析する。

着うたフルは、フルサイズの歌声入り圧縮音楽コンテンツを携帯電話でダウンロード購入し、そのまま再生できるサービスだ。KDDIはこのサービスを実現するため、以前からあるパケット料金定額制サービスに加えて、新たな音楽圧縮技術「HE-AAC」(High Efficiency AAC)の導入、音楽ポータルサイト「EZ MUSIC!」の新設、デジタル著作権管理機能(DRM)の拡充などを行っている。

通信ネットワーク上でフルサイズの音楽コンテンツをダウンロード購入し、携帯電話を音楽プレーヤーとして使用する。このモデルを従来の定義にあてはめれば、着うたフルのサービスは「音楽配信」、携帯電話は「ポータブル音楽プレーヤー」ということになる。

実際、10月13日の記者会見では、KDDI代表取締役の小野寺正社長が、アップルコンピューターのポータブル音楽プレーヤー「iPod」を引き合いに出し、

「(着うたフルは)身近な携帯から直接、音楽コンテンツを(ダウンロードして)楽しめる。この直接ということが重要だ。iPodはインターネットで楽曲をダウンロードした後、端末に楽曲を入れ替える作業が必要だ」

と語った。この発言を受けて、多くのメディアが、着うたフルは、iPod+iTunes Music Storeに対抗する、もしくは類似したサービスであると受け止めたようだ。
《神尾寿》

特集

おすすめの商品