人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

もっとも危険な曲はワーグナーの『ワルキューレの騎行』

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ドライブ中に聞く音楽で、もっとも危険な曲は、ワーグナーの『ワルキューレの騎行』である、という調査結果が、イギリスのRACファウンデーションによって発表された。

同調査によると、1分間あたり60ビートを超えるハイテンポの楽曲を、90デシベル以上のボリュームで聞くと、ドライバーの危険回避の動作は約20%遅れるという。こうした音楽を聴いていると心臓の動悸が早くなり、血圧があがるためだという。

このほか危険な曲は、1位の「ワルキューレ」に続いて、プロジディの『ファイアースターター』、ベースメント・ジャックスの『レッド・アラート』、フェイスレスの『インソムニア』と続き、ベルディの『怒りの日(鎮魂歌)』が5位にあげられている。

また、安全な曲として、ゲイリー・ジュールズの『マッド・ワールド』、レマーの『アナザー・デイ』、シュガーベイブスの『トゥー・ロスト・イン・ユー』、ブルーの『ブレス・イージー』、ノラ・ジョーンズの『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』などのスローテンポの曲があげられている。

安全運転のためには、選曲にも気をつけた方がよい、と同調査は指摘している。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

    【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

  2. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  3. ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

    ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

  4. クルマの中だけではないKKP! 自宅やオフィスでも便利に使える

  5. ZMP、自動運転用ソフトウェア搭載の超小型EVベースロボットカーを発売

  6. “自動運転”は夢物語ではない…ZFの技術が実現する未来の車社会とは

  7. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  8. 車内でもハイレゾ音源を…話題沸騰中の Clarion『Full Digital Sound』 はメインストリームとなるか

  9. タカタ製エアバッグのリコール、ホンダの修理完了率は4割…米国

  10. ジープ レネゲード、米国でリコール…トレーラー牽引装置に不具合

アクセスランキングをもっと見る